2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

5月31日(木)3人だけで自主練習・・(^з^)v

杉田劇場練習室で自主練習しました。

H本さん・I上さん・A立 の3人だけでした。

(図らずも1期・2期・3期生1人ずつです。)

三角形になって吹いたので、両隣の人の音が全部聴こえるせいか、今日は音が良く合っていたかも・・・!  ♪( ̄∀ ̄)♪

H本さんもI上さんもきれいな音で丁寧に吹きますので、「浜辺の歌」はなかなか良かったです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日も昼間は暑いくらいの晴天だったのに、午後から雷&大雨!

暑いのか寒いのか、晴れなのか雨なのか・・・?

体調を崩しやすい時期です。

皆さん、体調管理に気をつけましょう!

特に、引越しを控えて肉体労働中のO田さん、腰悪くしないでくださいね。

引越しの日は晴れますように!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

P.S.

ひまわり君は順調に伸びています。

置き場所に気をつけないと犬に食べられてしまいます!

(おいしいのでしょうか?) 

5月27日(日)久しぶりの練習

自主練習を除くと2週間ぶりの練習でした。

今日は14名の参加者で、久しぶり!のN村さん・O堀さんも登場!

先生からは、先日のコンサート写真が「なかなかサマになってきた」とお褒めのコトバをいただきました。(写真からは音が聞こえないので・・・)

やはり、まず形から入るのも大事で、特に、譜面を見るのに前かがみになっていないのが良かったそうです!(^∀^)/~

-----------------------

音階練習は、教本上巻のP51 B-dur をしっかりやってください。(新曲のために!)

B-durの練習で、34・35・二重奏を吹きました。(二重奏は、第1フルートの譜面を上下逆にすると何と、第2フルートの譜面になります!ひっくり返すとおじさんの顔がひげ面になる騙し絵みたいでおもしろいです♪)

B-durの音階練習は下巻のP30にももうひとつ。こちらは高音でより難易度が高いですが、しっかり練習しましょう。次の 65 アンダンテも。Pでドルチェでしかもわざわざ(甘く)・・・と表示してあります。高音で弱く、しかも甘く吹くのは非常~に難しいです。なめらかに、軽いタンギングで。

----------------------

「March in B♭」

今日出席した人優先にパート分けました。

1・・3人 2・・5人 3・・6人 ですので、を大募集中。

先生の注意は、

◇マーチなので1拍目にアクセントがくるように、4分音符をはずむように吹く。(レガートにならないように。)

◇フォルテとピアノの違いを。(ピアノになっても遅くならない)

◇ブレスは小節の切れ目でせず、アウフタクトを意識して(基本的に)3拍目の次でとるように。

◇3の20小節目、3拍目は弱くはねる。

「コラール風日本の歌」

今日はメロディが少なかったので、次回までに先生がアンサンブルの美しさを考えてパート分けしてきてくださいます。(自分はどうしてもここが・・・という方はこっそり先生に連絡を・・・!)

「千の風になって」

今日はパート分けはしませんでした。

◇1は1・2小節のリズムに、2は4・25小節のリズムに注意。

◇16から1・2が早くなるので、3のベースのリズムにのること。

◇D.S.とかCodaで迷子にならないように、譜読みをしっかりやりましょう。

-----------------------

は~もにっくコンサート開催日・会場が決定しました!

主催者の方から練習中にメールが入り、失礼しました。

日時/11月4日(日) 13:30~16:30

    午前中にリハーサル各グループ20分

会場/杉田劇場ホール

参加/8グループ(予定)

★当初は12月上旬予定でしたが、日曜日に会場確保が困難なため、あるサークルが当選したこの日を譲っていただけることになり、急遽決定いたしました。

詳しい内容については後日、役員の方からプリントを配ります。

半年先の予定ですが、杉田劇場ホールはすっごく音響がよく、きれいなホールですので、一人でも多くのサークルメンバーの参加を期待しています。

  

5月26日(土)すくすく・・・YYY

2007_526 1週間ぶりにひまわりくん撮影!

すくすく12センチに伸びました。

手前の葉っぱは、

目を離したすきに飼い犬に食べられてしまいました・・・。 

----------------

春うららさん、コメント、ありがとうございました。

他の方も、このブログをのぞいたら是非一言コメントをお願いします!

休んだ方は、近況とかちょっと・・・。

どなたかわかるようなニックネームで書いていただけるとお互いに楽しいと思います。

-----------------------

先週の22日の自主練習は、K部さん・H本さん・I上さんの男性3人だったそうです。(途中からO田さん登場!)

じっくりと基礎も練習できたようで、なかなか充実した半日でしたね!

-----------------------

おさらい会のグループでの課題曲は、教本の曲 「66 アリア」「49 愛の喜び」「39 リゴドン」 あたりから選んではいかがでしょうか?とO田さんよりアドバイスをいただきました。他に好きな曲がある方はそちらを選んでください。

提案ですが、「72 グランド・フィナーレ」、難しい曲ですが、2ヶ月近くありますので、チャレンジしたい方いませんか?トレバー・ワイ本人の演奏のCD聴きながら、「あー、この曲、バロックの哀しい響きですごく吹きたい!!・・・」と熱望しています。

主題は希望者全員で2パートに分かれて。変奏の部分は、皆さん吹きたい所をソロで。できれば、どなたかにピアノ伴奏をお願いできたら・・・。(多分、ピアノ伴奏譜は全部同じではないかと思いますので。)

-----------------------

☆明日は久しぶりの練習です。

天気も良さそうですので、皆さんはりきって参加しましょう!

                

                                                     

5月19日(土)ひまわりくんを鉢にお引越し

2007519_1 午後から晴れましたので、

本葉が出揃ったひまわりくんを

大きな植木鉢に植え替えました!

丈は1.5m程に伸びる予定です。

                                     

伸びよ!そして、花開け!ひまわりくん!

5月17日(木)ひまわりの郷にて自主練習

朝は大雨で大変な天気でしたので、

今日は自主練習参加者はいなかったりして・・・

と、思って練習室の扉を開けたら、

4名の方が!後から2名、計7名でした。

練習室Bの定員は4名ですので、(ヤバー!!)

カメラを気にしつつ,ギューギュー状態で・・・。

やっぱり難しい新曲の練習がしたくて

皆さん集まったようで、各パート全部練習しました。

---------------

帰りに、7月28日にひまわりの郷音楽室で行われる

「古武術に学ぶフルート」ワークショップ の入場券(¥1,000)も購入!

『小よく大を制する』と言われる筋力に頼らない古武術の身体操法とその応用を、フルート演奏を通して紹介されるそうです。講師の白川真理さんの演奏と、講習会では、

1.立ち方による息の変化 

2.手順によって変わる身体

3.遊びのとれた体とは?  他

以上の内容でのワークショップです。

興味深々ですよね!

---------------

☆おさらい会で演奏する曲目、メンバー等決まりましたら、プログラムを作成しますので、7月までに岡田か足立までお知らせください。

5月13日(日)戸塚にて久しぶりの練習

久しぶりの戸塚での練習。14名参加でした。

会場はずっと杉田が続いていたので、

戸塚の音楽室は狭くて暗く感じてしまいました。

(窓があって外も見えるのに・・・)

30日のコンサートの感想、先生からはほめていただきました!(^∀^)Y

うまくまとまっていたそうです。♪

吹いていた私達は、なかなか練習のようにはいかず、

やはり本番は難しい!と痛感しました。

プロでも、上手く吹こうとすればあがってしまい失敗することがあるそうです。

『音楽の良さを出そう』と思い演奏することが大切だそうです。

そして、『自分の音を信じる』こと。

左隣の人の音を耳に入れて合わせて吹くと全体がまとまります。

(音が聞こえない時は、完璧に合っている時か吹いていない時かも!)

新しい曲の譜面が配られました!

「March in B♭(B♭調のマーチ)」 ヘンデル

「千の風になって」   新井 満

「コラール風日本の歌 /  故郷」 ・・・ 以前やったことのある懐かしい曲

  以上3曲です。先生からの注意は、

「B♭調のマーチ」

 トリルが何回か出てきますが、25小節めはミ♭の中指で。27小節めは右薬指で外側のトリルキーを。アウフタクトで始まる曲なので、ブレスは基本的に小節の中で3拍めの後でとる。特に注意したいのは、20小節の3拍めの後のブレス。パートは、1の人が少ないので、皆さん練習して是非1に挑戦してください!

「千の風になって」

譜面の進み方は、21(1カッコ)→6にもどる→22(2カッコ)→28ダルセーニョ→6にもどる→20→29コーダへ

2フルートの10小節めと18小節めのレはナチュラル。最後の39小節めのフェルマータの後はゆっくり終わります。

「コラール風日本の歌」

コラール部分の3フルートの出だし四分音符が全体のリズムをきめるので大事。9小節からメゾフォルテで、始まり17小節めからメゾピアノに小さくなる。ちゃんと差を出す。41小節めの和音を合わせるように!

☆アンサンブルではメロディを支えるバスの音が大事。バスの音を聴いて、そこに高い音を乗せていく感じ。(ひまわりでは、人間的にも頼れるK部さんの音を聴いてのるように♪)

新しい曲は初見ではなかなか吹けない難しい曲です。高い音も多く、リズムも難しいです。ちなみに、私は高音強化月間が終わりまして、今は低音強化月間。しばらくは迫力ある低音目指してがんばります。いつも低音を支えている方、逆に高音にチャレンジしてみてください! (頼みの綱のO田さんは6月半ばまで引越しのため忙しく、練習に参加できないそうです。)

5月13日(日)ひまわりの芽が出ました!

9つぶ蒔いて、7つ芽がでました。

今日は思ったほど暑くなく、

でも、昨日はまだ種をかぶっていたのに

今朝にはちゃんと開きました!

2007_513

5月11日(金)今後の練習予定

昨夜から風が強く、

今日はそのためか晴れましたね!

洗濯物は飛ばされるし、

植木鉢はころがるし、

初夏の嵐のようでしたが、

そんな時こそご近所に気兼ねなく

練習ができるのです!!

I上さんから「ひまわりサークル通信19号」原稿が届きました。

13日の練習日に配られると思いますが、

予定のみここに載せておきます。

7月16日の“おさらい会”、まだまだ先と思っていましたが、

しっかり予定に入っていますので、

皆さん、是非はりきって参加しましょう!

今後の練習予定-

5月13日(日) 戸塚女性フォーラム

  17日(木) ひまわりの郷練習室B

        (自主練習)

  22日(火) ひまわりの郷練習室B

        (自主練習)

  27日(日) 杉田劇場リハーサル室

  31日(木) 杉田劇場練習室C

        (自主練習)

6月 3日(日) 戸塚女性フォーラム

  16日(土) 杉田劇場リハーサル室

  19日(火) ひまわりの郷練習室B

        (自主練習)

  21日(木) ひまわりの郷練習室B

        (自主練習)

  24日(日) 杉田劇場リハーサル室

7月 3日(火) 杉田劇場練習室C

        (自主練習)

   8日(日) 杉田劇場リハーサル室

  12日(木) 杉田劇場練習室C

        (自主練習)

  14日(土) 戸塚女性フォーラム

  16日(月・祝) 杉田劇場リハーサル室

        おさらい会 (詳細未定)

  24日(火) 杉田劇場練習室C

        (自主練習)

  29日(日) 杉田劇場リハーサル室

   ーーーーーーーーーーーー

時間は、先生のご指導アリの日(太字)

     9:45~12:00

自主練習の日は9:30~12:00 デス。

☆7月は予定が多いですが、8月後半に先生外遊の為、練習日がありませんので、そのフォローです。みなさんの参加、お待ちしております!(^σ^)/♪

    

     

5月7日(月)ひまわりの種をまきました。

突如思いついたのでひまわりの種をまきました。

“太陽”という種類で、花ことばは「あなたは素晴しい」!!2007

夏の日差しの中、その名のとおりに

太陽に向かって大きく咲く姿を楽しみに、

観察日記をつけてみます。

5月6日(日)アルバム作成!

雨の連休最終日。いかがお過ごしでしょうか?

先日のコンサート 自主練習 のアルバムが出来ました!(^∀^)♪

左のサイドバーのブログペット(すみません、変なの入れて)の下に並んでいます。要チェックです!

5月5日(土) 今日は8人で自主練習でした。

O田さんに指導していただき、大変濃い午前中でした。

K居さん参加ということで、今日は基礎中心にみっちりやりました。

トレバーワイ教本上巻の音の練習や指の練習を中心になつかしい練習曲も・・・。

簡単だと思っていても、2人ずつ順に吹くと、アラもばれてしまい

けっこう注意されます。音階練習は繰り返していねいにやらないとだめですね!

今日のポイント

1.息が続かないのは横隔膜を広げてお腹に空気が入っていないから。

2.そして、唇の穴が大きくて空気を無駄使いしてしまっているから。

3.最初は思いっきり音を出す練習が必要ですが、だんだん逆にささやくような息の量でも出せるように。『小さな息で遠くのローソクを吹き消さないように、でも届くように』

4.低い音は特にのどを広げて吹く。吹く時に自分の声がするのはのどがきゅーと絞まってしまうため。

5.フォルテは音が上がりやすく、ピアノは音がさがりやすい。お腹の力や唇の調節で調整する。また、フォルテの音でも、切る時は自然に細くなるように。

☆今日もいいこといっぱい勉強しました!ありがとうございました。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »