2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

10月30日(木)ボランティア演奏について

2008

今日は暖かい(暑い?)ですね!朝はすごく寒かったのに、日差しは強いです。

9月15日に種まきして1ヶ月後にポットに植え替えた「スイートアリッサム」にポツリと花が咲きました。まだこんなに小さいのに!種まきして育てる醍醐味は、こんな植物の健気ながんばっている姿を見る時です。大きく育つのが待ち遠しいけど、その年最初のお花にも感動します。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

<ボランティア演奏日時決定>

■12月4日(木)

 12:30~       練習

 13:30~14:30 本番

■演奏曲目

童謡メドレー・里の秋・冬の童謡メドレー・見上げてごらん夜の星を・故郷・紅葉・荒城の月・千の風になって・Ave Verum・グラスハーモニカのためのアダージョ・きよしこの夜・諸人こぞりて・荒野のはてに・エーデルワイス(アンコール用)

以上の他に新しい曲で「クリスマスの季節」というクリスマスの曲3曲のメドレーがあります。次回練習の時に楽譜を配布して先生にご指導お願いすることになるかも・・・。

★当日出席可能な方はO田さんまで連絡お願いいたします。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

<自主練習追加>

11/12(水)12:45~14:45 杉田劇場練習室C

   /27(木) 9:15~12:15 ひまわりの郷練習室B

※実は今日(10/30午前)もひまわりの郷で自主練習しました。急に空きの予約が取れた為、全員に連絡できなかったので、「あー!今日だったら行きたかったのにー!」という方がいらっしゃったらゴメンナサイ!!m(_ _)m

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

最近、本を読んでいて2回も指先を紙で切ってしまいました。今朝はドックフードのカンズメの縁でまたザックリ切ってしまい、指先が絆創膏だらけです。小さい傷だけど深いのか?なかなか直りません。

絆創膏を貼っているとフルートのキーを押さえる感覚が鈍くなり吹きにくいことを発見しました。リングキーの楽器だと、穴を押さえる指先に直に空気を感じるので、もっと繊細なんだそうですね。

街中や電車内でも咳をしている人が多いです。風邪が流行ってきているようですので、十分ご注意ください。(あと、指先の怪我にもご注意を!

10月26日(日)Sonata12分

2008

曇り空から時々小雨がぱらぱら落ちてくる晩秋の1日です。

上の写真は夏から引き続き咲いている「エンジェルス・イヤリング」です。元々は1年草だったはずですが、数年かけて「木」となってきています。変わった花とかわいい名前が気にいって大事に育てています。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

さて、今日は関内の横浜市技能文化会館地下オーディオルームにて練習でした。

17人参加。確か譜面台は17台あったようですので、ちょうど一杯の人数でした。

この会場は響かないチャンピオンですので、練習にはもってこい。でも、地下で暗いし狭い。でも、居酒屋が横にあってちょっと不思議なところです。入り口が地味なので、A井さんのように入れず困ってしまう人も・・・。

「Sonata」

Vivace 音合わせはチューナー442にあわせて耳で音を聴いてあわせる練習もしましょう。

3パートメロディになるところ(32~35・41~42小節など)をしっかり吹く。

Largo 3連符が早くならないように。

全体にどうしても早くなるので、ゆったりと時間を守っていくように。(早くいっても何にも良いことがない)

がんばりすぎないで、エネルギーの配分を後にとっておくようにする。

8分音符で下ってくる時に加速度がついて早くなるので抑える。

Rigaudon トリルに悲壮感が出ている。フォルテにならないように。

Vivace 後半の8分音符は続くので重くならないように少しはずむ。

自分の演奏に精一杯ではなく、他の音も聴こえて合わせられるようになると、もっと演奏が楽しくなる。

Menuetto 「おひらきメヌエット」は明るく終わるように。

2パート20小節目から難しいアルペジオだが練習しましょう。21小節2拍め強くならないようにやわらかく、音程が下がらないように。

♪最後に全部通して演奏してみて、だいたい12分。ラルゴはもっとゆっくりしたかったそうです。(これからは毎回全通しで演奏する練習も)

♪長い曲を演奏するとだんだん疲れて姿勢や音に影響が出てきます。対策はただひとつ!「日課」だそうです。音階とアルペジオをある程度長く練習を続ければ、音と楽器を支える姿勢が安定してくるそうです。あと、腕の筋肉(特に左の二の腕)も鍛えられれば良いです。(肩が痛くなるのは変な所に力が入っていますので注意!)演奏している写真やビデオ画像などでチェックすると普段気がつかない自分の癖なども良く分かるかもしれません。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

♪次回練習11月9日(日)は先生のご都合で9:30から練習を始めます。

♪O堀さん関連でまたボランティアのお話が来ました。

 詳しいことは未定ですが、12月4日(木)or16日(火)予定です。

 場所は京急屏風ヶ浦駅近く(送迎あり)。時間もまだはっきりしませんが、今年最後のボランティア演奏になると思いますので、ご都合のつく方は是非参加してください!

<2009年1月の練習予定>

ついさっきI上さんより決定の連絡が入りましたので、通信より一足お先にお知らせいたします。

1/11(日) 杉田劇場リハーサル室

    15(木) 杉田劇場練習室C(自主練習)

    18(日) ひまわりの郷音楽室

    27(火) 杉田劇場練習室C(自主練習)

    31(土) 戸塚女性フォーラム音楽室

※会場使用は9:15~、先生レッスンは9:45~。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 まもなく11月・・・となるとそろそろ年賀状のことも気になりますよね!年賀はがきのご用命は是非T屋さんまでどーぞ!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

10月16日(木)ボランティア演奏

上大岡「あさひ倶楽部」ボランティア演奏

H201016

9:45上大岡駅改札口に集合して、「あさひ倶楽部」さんまで歩いて10分ほど。閑静な住宅街の中にありました。

今日は11名参加。(うち2名はコモドさんから助っ人)

現地集合の方たちと合流して2階のホール(使われていないためガラーンとした場所)で1時間練習。ここが実はビックリするほど響きがすごくて、11名で吹いているのにまるでオーケストラのようでした。(本番の会場はちっとも響きませんでしたが・・・)

H201016_1 H201016_2

H201016_3 H201016_4

H201016_5 H201016_6

                                                       

歌える曲の歌詞カードを作っていきましたので、知っていらっしゃる方は皆さん歌ってくださいました。中には、1曲目の「里の秋」から涙ぐんでいる方も・・・。

今回の会場の方は元気な方が多く、とても楽しんでくださったようです。

1時間でしたが、9曲プラスアンコール2曲演奏でき、とっても内容の濃いボランティア演奏でした。皆さん、お疲れ様でしたー!

帰りに、通り道にあった斎場のホールが貸し出し無料・・・というのを発見し、すかさずO田さんが偵察。なかなかよさそうでした。今後、ここで練習ということになるかもしれません。(なにしろ使用料無料!駐車場も使えますので)

上大岡でランチできる人だけ食べて帰りました。空に雲も無いし、帰宅後まだまだもう一仕事できそうな午後です。(私は暗くなる前に、1ヶ月前に種まきしたパンジービオラのをポットに移植しないと!これから冬に向けて大きく育つのが楽しみです!)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

左のサイドバー1番下に本日のボランティア演奏の写真アルバムを作成しました!ご覧ください。(=´Д`=)ゞ

10月14日(火)ボランティアへ向けて①

今日は港南中央地域ケアプラザ多目的室にて午前中ボランティアへ向けて集中練習しました。

参加者は8名。コモドさんからもS間さんとY野さんに助っ人として入っていただき、K部さんからO田さんがお借りしたアルトも加わり、少ない人数ながら充実した練習と素晴らしいアンサンブルでした!

<ボランティア演奏>

■10月16日(木)11:00~12:00

■上大岡老人施設「あさひ倶楽部」

■当日の集合場所

 9:45 上大岡駅改札口前集合

(会場をご存知の方は直に10時までに現地集合してください)

■当日の曲目と順

1.里の秋

2.童謡メドレー

3.故郷

4.紅葉

5.荒城の月

6.夜来香

7.千の風になって

8.見上げてごらん夜の星を

9・オーシャンゼリゼ

アンコール/エーデルワイス

以上10曲です。

■持ち物  楽器・譜面台・楽譜 等

当日は黒い台紙のファイルに楽譜を演奏順にはさんでお持ちください。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

明日15日(水)もう1回ボランティアにむけて集中練習②を行います。

杉田劇場練習室C 9:15~です。

参加できる方はぜひいらしてください!\(;゚∇゚)/

10月11日(土)十三夜

朝はなかなか明るくならず、夕方はあっ・・・という間に暗くなります。まさにつるべ落とし!

昼間暑いくらいでも日が沈むと寒~くなり、さすがに10月も半ば。そして今夜は十三夜。雲に隠れて月はほとんど見えませんね。

今日は杉田劇場リハーサル室でしたが、冷房がききすぎて寒かったです。14名参加で戸塚より響く会場での練習でした。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

音出し後いくつか音階練習。下巻P16でトレバー氏も書いているように「毎日練習するようにしてください。音の練習は、日曜日のレクリエーションとは違いますから・・・。」(;;;´Д`)ゝう~ん、私も最近ちょっと練習がレク化しているかも・・・。

「教本下巻P12の下のA-durの曲」 はっきりとしたタンギングで。歯の付け根に舌をつけるようにするとクリアになる。

「P13の上のd-mollの曲」 2拍子なので一拍めと2拍めが強くなる。後半のクレッシェンドは最後の音が一番大きいのではなく最後の小節の頭の音が音楽的に強くなるように。

「Sonata」今日は後ろから順に合わせてみました。(1-5人、2-5人、3-4人)

Menuett 寝起きな感じでもやもやしてしまっている。

「レドレドレド・・・」の指使いを先生に教えていただく。レの指からドの時には左手指だけ上げればOK。これで指がバタバタしないのでスッキリ吹けます?

モーツァルトの時代にはメヌエットがアンコール曲になったり、お客様の退場する時の音楽として使われたそうです。

全体に簡単そうですが、確実に合わせられるように練習しましょう。

Vivace(P6・7) 「先週はどうなることかと思ったがだいぶ良くなった・・・」とお褒めをいただく。

ずれてしまったり迷子になってもいくつか合流するポイントがあるので復活して!

29~30小節は前半が終わってほっとしないですぐに始まるので気をぬかないように。

65小節め3パートはトリルを伸ばしすぎないように。

Rigaudon トリルがだいぶさりげなくできるようになってきた。前はキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って感じだったそうです・・・(笑)。

Larugo ゆったりとした感じが最後までもつのが大事。途中で間がもたなくなったり、ついつい早くならないように。

Vivace 「レミファソララ・・・」の低いレをしっかり聴こえるように吹くこと。

後半、3パートがメロディの部分はもう少し聞こえるように大きく。

全体的に各パートごとに合うようにしたい。(パート練習ってなかなかできないので、練習の日に早めに来れたら各パートごとに合わせて練習するのもいいかもしれませんね!)

「里の秋」 パート分けする。(1-4人、2-3人、3-3人、4-4人)

4拍目で押さないように。切るときにブチッと切らないように。

メロディ抜きで合わせて練習したが、伴奏部分も大事に。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

♪今夜は7時から逗子なぎさホールで「逗子フルートアンサンブルソサィエティ」さんの第15回定期演奏会です。ひまわりからもどなたか聴きに行っているでしょう。(感想等お知らせくださいね!)

逗子FASは結成20周年。5年めから定期演奏会をスタートしたそうです。ひまわりもそろそろ5年・・・、先生から「そろそろ来年くらいから定期演奏会を!」とお話がありました。これからまず役員会で話し合い、皆さんの意見を聞いてまとめていくことになると思います。

(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

♪“ひまわりフルートサークル通信34号”が発行されました。「里の秋」の歌詞も載っていますので、口ずさんでみてください。

<12月の日程>

12/ 3(水) ひまわりの郷練習室A(自主練習)

   / 6(土) 本郷台リリス音楽室

   /14(日) ひまわりの郷音楽室

   /16(火) 杉田劇場練習室C(自主練習)

   /27(土) 杉田劇場リハーサル室

*各練習日先生のレッスンは9:45~11:45です。

*会場利用可能時間は9:15~12:15です。

10月3日(土)ソナタな日

2008_103

練習から帰ったら千葉のなしが届いていて大喜び!「新高」という大きな品種です。だいたい幸水と同じくらいの大きさのグレープフルーツと比べて記念撮影しました。(・∀・)イイ!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

さて、今日の練習は戸塚にて11名参加でした。最近では少ない人数ですが、夏の間体調を崩して休会していたO呑さんが久しぶりに登場です。

10月になりました。思いっきりまだ先だと思っていた「は~もにっくコンサート」もいよいよ来月と迫ってきました!!本番まで練習はあと5回です。先生の注意をちゃんと直して、とにかく練習あるのみです。そして、その前に今月はボランティア演奏もありますので、がんばりましょう!(  ̄^ ̄)ゞラジャ

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今日は1パート5名、2パート3名(途中から2名に)、3パート3名 計11名でどっぷりソナタの日でした。人数が少なかったせいか、普段より細かい指摘も多く、みっちりやった感がありました。

Vivace 今日はとにかく徹頭徹尾「タンギングをクリアに!」と何度も注意されました。

16分音符のリズムが浮き出てくるように。先走らないように3パートの通奏低音部を聴いて上に乗るように。

2小節目最初の低音レをしっかり聞こえるように。

2パート26~7小節目をクリアに。指とタンギングのタイミングがパート内で合うように。

Largo 8分休符後の8分音符の動きが食いつきが良すぎるのでしっかりブレスしてから。2パートずつ動くところは動きを合わせて。

3連符の動きが早い。最初の音を大事に1拍め強く2拍め弱く。

Rigaudon ブレスの位置に注意する。基本的にアウフタクトなので3拍めの後か1拍めの後。(場所によって違う)今日休んだ方は各パートごとにブレス位置を聞いて確認しておきましょう!

3パートの低音のリズムに乗って。(3パートは聴こえるようにがんばって吹きましょう!)

Vivace 24~26小節目1パート大変なので練習して!(日ごろから音階練習・アルペジオ練習が大事。こういう時に練習の成果が出るそうです!)

後半30小節目から1パートに出てくる「ラファミレミレドレー」の形がテーマ36小節目からは2パートで、43小節目からは3パート(短調で)に出てくる。53小節目から3~2~1パートと続けて出てくるのでテーマがちゃんと聴こえるように!テーマの前でブレスすること!

7ページは休み無く忙しい旋律が続くが、指だけ動いて音がかすれて出ないので、息を使いすぎないように。

Menuett 小節をまたいだタイのある動きは合わせ難いので3パートのリズムをきいて。

29小節目からの3パート4分音符、ダーダーとならないように少し弾む。

早い動きもクリアなタンギングで。

前のVivaceでもしも大変なことになっても、このMenuettで明るく終わりましょう!(と、先生が笑っておっしゃいました。)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

10月1日(水)自主練習

2008_101

秋の雲の夕方風景です。日の入り時間も早くなりました。

今日の自主練習は杉田劇場練習室にて。6人定員の部屋ですが、7人参加でした。

音だし・音階練習後に曲練習へ。

「Sonata」 1パート2人・2パート1人・3パート4人 と偏っていましたので3パートから1人2パートへ。(他パートを吹いてみるのはとっても良い練習になります!)

Vivace スラー以外を軽く跳ねるために、腹筋を使ってフッフッとお腹から吹けばプツッと切れた音にならないそうです。難しいけどそういう気持ちで吹くのをぜひ練習してみましょう。

47・48・49小節と順に出てくる「ラレレレレ」は低いレを大事に。

Largo 他パートが伸ばしている時に8分音符で動くのが早くならないように。

Rigaudon ここはやはりトリルがネックです。薬指を動かすトリル・・・思い通りにいきませんよね!練習しかありませんね。 トリルに気をとられてリズムが崩れないように。

Vivace 6小節めから各パート順に出てくる「ラレ」のタイミングを何度も確認。特に8小節めの3~2~1パートへと続く「ラレ」のタイミングは「ラレ うん ラレ うん ラレ」と、他パートの音を聴いていれば完璧です。 

Menuetto 時間が残り少なく、さっと2回通しました。

♪全体的に、各パート内で確実に合わせることが大事です。でも、現実的にはパートごとの練習はなかなかできないものです。それに、今はまだ他の人の音を聴く余裕もないのではないでしょうか。自分の演奏に必死になるのではなく、周りの音を聴きながら演奏できる冷静さがないとアンサンブルとして大勢があわせるのは難しいでしょう。先生の指揮をちゃんと意識して合わせるように心がけたいものです。(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »