2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2月28日(日)新杉田地域ケアプラザボランティア

Photo

Photo_2

久しぶりの新杉田地域ケアプラザでのボランティア演奏、無事に終了いたしました。

出演された方々、お疲れ様でした!(*^ー゚)bグッジョブ!!

チリ大地震による津波警報の影響でJRやシーサイドラインが止まったりと交通が乱れる中、皆さんギリギリで何とか新杉田に集まっていただきました。(;´Д`A ```

今回は練習する時間があまり無くて急だったにもかかわらず、1回1回確実によくなっていって、本番前に合わせた時にはかなり「いい感じ」に仕上がっていました!(v^ー゜)ヤッタネ!!

地域ケアルームにて1時間ほど全曲通して合わせてから1:30より本番!

春の歌シリーズを歌っていただいた後、恒例のK部さんによるマジックショー。以前ここでボランティアをした時にいらした方もいらっしゃっていて、マジックも覚えていらした模様・・・。新作も公開して、皆さん楽しいひと時を過ごしていただけたものと思います。

そして、今日はI上さんにも篠笛演奏をお願いしました。篠笛の説明とちょっとしたデモンストレーション(豆腐屋・竿竹屋・チャルメラ)、そして2曲、お客様には懐かしい曲を吹いてくださいました。(I上さん、曲名教えてください。私はまったく知らない曲でした。)

後半も引き続き歌っていただく曲を演奏し、アンコールのリクエストは「春の童謡メドレー」でした。各曲2回繰り返して2番まで歌っていただきました。

朝のうちは雨が激しかったのに、演奏しているうちにパァッと晴れてきて、窓の外をシーサイドラインが走りだしたのも見えました。

最後に何人かの方から質問をいただき、フルートにずっとあこがれていて吹いてみたい・・・という方もいらっしゃいました。

一緒に歌っていただき、私たちにとっても本当に楽しく有意義なひと時でした。

終わった後、すぐに次のボランティア演奏の予定を聞かれ、ちょっと困り、次は夏に・・・という返事をしました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

帰りの交通も、JRが止まっていたり京急も普通が一部運休されていたりでドキドキでした。皆さん、無事に帰宅されましたか?

テレビでは津波情報ばかりですが、観測された津波は、横浜港にPM 3:37に20cm、PM 4:48に40cmだそうです。

今日は朝、伊豆七島あたりでも地震があり、何となくあわただしい1日でした。

4時からのフィギアのエキシビションを見るために急いで帰宅しましたが、津波情報ばかりです。海に近い地域にお住まいの方は十分ご注意ください!

2月27日(土)明日のために自主練習♪

227

あたたかい雨上がりの朝、咲き始めたじんちょうげの香りが春のおとずれを告げています。

今日は上大岡コミニュティハウスにて、明日のボランティアに向けて自主練習をしました。

上の画像がウワサの上大岡コミニュティハウスへと続く上り坂です。(はっきり言ってものすごい急坂です!雪が降ったら行かれません。)

休みの日の朝早くから11名も集まっていただき、自主練習とは思えない充実した時間でした。

前半は、10:30にお仕事へ向かわれるK部さん中心に苦手な曲やアルトの出番の曲をさらいました。

休み時間にはお茶をいれて、お茶菓子でほっと一息入れました。

後半は演奏曲順に一通り。各曲の繰り返し回数などもチェック。

<演奏曲順>

1.故郷 (3回繰り返す)

2.春の童謡メドレー(1曲ずつ分けて演奏)

 春が来た (2回繰り返す)

 春の小川 (   〃   )

 春よ来い  (   〃   )

 おぼろ月夜(   〃   )

3.浜辺の歌  

4.荒城の月 (2回繰り返す) 

 =マジックショー/篠笛=

5.とおりゃんせ

6.七つの子

7.見上げてごらん夜の星を

8.夜来香 (2回繰り返し)

9.千の風になって

※ 春の童謡メドレーの「さくら」はちょっとあやしいので、今回は止めにしようと思いますが・・・。

♪久しぶりの曲もありましたが、きれいに合っていました。みなさん、さすが!明日もがんばりましょう!よろしくお願いします。

<5月の予定>

5月 8日(土)ひまわりの郷音楽ルーム

     11:15~12:15に総会を予定しています

  15日(土)戸塚女性フォーラム音楽室

  23日(日)     〃

 

2月22日(月) 光の春

222

温かい日差しに早咲きのチューリップが咲き始めました。右の赤は「メリークリスマス」、左の黄色は「テッドターナー」という品種です。

今日は22年2月22日。2が5つも並びました!次は33年3月3日?

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

最近、天気予報で“光の春”という言葉を何度も耳にしました。

“光の春”という言葉はロシア(旧ソビエト)で始まったといわれています。2月、暗く陰鬱で長い冬から春に移るとき、大地はまだ雪で覆われていて気温は低くても、人々は太陽の明るさ光の強さで春を感じるのです。また、動物や植物の中にも気温の上昇より光に反応して冬眠から目覚めるものもたくさんあります。

そして、3月は“音の春”と呼ぶそうです。雪の多い地方では、雪解けの音、川の音、鳥の鳴き声など、今まで雪に閉ざされて音の無い世界だったところに音が戻ってくることに春を感じるようです。

“光の春”“音の春”・・・どちらもなんて素敵な言葉、表現でしょう!

私たちにもそんな素敵な春がやって来ますように!!

(春はまさにW辺先生の季節ですね!)

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

=追伸=

2月19日に豪華客船「クイーン・メリー2」が横浜に寄港しましたよね。

テレビで見て、「あっ!見に行きたい!」・・・と思っていたのですが、その日のうちにグアムへ出航してしまったそうでがっかりです。

102日間の「ワールドクルーズ」の一環として横浜に寄ったというのも豪華だし、大きくてベイブリッジの下をくぐり抜けられず大桟橋でなく大黒埠頭に停泊っていうのもイイですね~!

過去日本国内に寄港した客船の中では最大だそうです。

あ~、やっぱり実物を遠くからでいいから見たかったです。残念!

2月21日(日)オリンピック三昧!

毎日バンクーバーオリンピックから目がはなせません!皆さんはどうですか?

スーパー大回転なんて、あのスピード!是非、選手の頭にカメラをつけていただいて、画像だけでもジェットコースターのような迫力を体感してみたいものです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて、今日は戸塚にて14名参加でした。基礎練習の後はまずボランティア用の曲の練習。

ボランティア演奏の曲全部の歌詞をまとめたプリントを用意しました。歌詞を味わうためにも、是非1度歌ってみてください。~♪

「とおりゃんせ」

歌詞を感じて、メロディは「ここはどこの細道じゃ」に対する「天神さまの細道じゃ」などの問いかけと受け答えの一人二役を。

2パートと3パートの関係は良くなってきた。

25~28小節の間奏では最初に3パートの旋律、そして2パートの旋律につながっていくので、27からの2パートは少し盛り上がって大きく。

□16から1パート以外の動きを明確に。(ごちゃごちゃにならないように)

50小節めの4拍めは2~4パート合わせる。

「浜辺の歌」

基本的にブレスはアウフタクトでメロディと一緒に。

4パートの低音は今日はH本さん一人でしたが、とってもよく聞こえました!

「人生のメリーゴーランド」

パート分けは、1-5人、2-6人、3-3人 と、まあまあのバランスでした。

メロディはレガートで、フレーズを大きく取って。伴奏は短めに。

前奏は3小節めの1拍めの音を目がけて。(ファをしっかり吹く)□Aに入るところではブレスしない。

1パート30小節めの3連符は指使いがややこしいので練習しておく。36~37で音が切れないようにもう少し保って次へつなげて。52~54も早く無くならないようにもう少しがんばって伸ばす。

ダイナミクスに注意。特に「P」でぐっと小さく。

「Sinfonia 3」

8分音符を合わせてゆく。急ぎすぎ。酸欠状態(呼吸が浅い)に聞こえる。吹きすぎないように。

3パートは早くならないように、堂々と落ち着いて。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

途中、過呼吸に陥ってしまったI江さん、大丈夫でしたか?

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

次回練習日にはショパンとシューマンもやるそうですので、バッハとともに練習しておきましょう。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

<ボランティア演奏のお知らせ>

I上さんよりボランティア出演のメンバーの方々にはメールでお知らせしましたが、確認です。

2月27日(土)9:00~12:00 上大岡コミニュティハウスにて自主練習

2月28日(日)12:00 新杉田地域ケアプラザ 集合

             地域ケアルームにて練習

         13:30 ボランティア本番

        15:00 終了解散

☆今回は練習時間があまりありませんでしたので、前日の練習には出来るだけご出席ください。パート分けできていない曲もありますので、ご協力お願いいたします。

☆当日は楽器・譜面台・歌詞カード・黒い譜面ファイル 等お持ちください。 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

来週からいよいよ国立大の2次試験がはじまります。受験生をお持ちの方々にはまだ気が抜けない日々ですね、がんばってください!

 

2月15日(月)浜辺の歌♪

「浜辺の歌」のそっくり・・・というより、「浜辺の歌」の方がそっくりなのか?

ヨハン・シュトラウスの「芸術家の生涯」の一部が笑っちゃうほど同じです。

聴いてみてください。(*^m^)↓

そっくり

2月14日(日)バレンタインデーですね。

まず、昨夜の「コンセールルミエール第48回定期演奏会」のご報告をちょっと。

みぞれ交じりの冷たい雨の中、雪にならないように祈りながらみなとみらいホールへ。

直前にガスパール・ホヨス氏が急病のために急遽ゲストが変更になり、大変な1週間だったのではないでしょうか。それでも曲目変更無しで演奏できてしまうのって凄いですね!

今回(いつもですが)聴きに行かれなかった方は損していますよ!今日の練習前にO野寺さんと朝お会いしていきなり「良かったよね~!」と感想をぶつけ合ったくらいです。

まず、恒例のドレス鑑賞。紫とターコイズ、そして両方のミックスされた玉虫色・・・(ため息)、ちょっと露出が多くて素敵!でした。

今回の演奏会では、全体的に低音部がよく聞こえました。ソロ的に動く所が多くて、それぞれの音域の楽器の音が初めてよく分かった感じでした。特にアルトの音は普段あまり前に出ることがないので、今回はかなりじっくり味わうことが出来、良かったです。フルートというより、まるでホルンのような柔らかくてやさしい音色です。(N田さんは、重いアルトをずっと吹き続けることはすごい大変なことだと絶賛されていました)

そして、後半はW辺先生はコントラバスフルートを担当されましたが、コンセールルミエールの演奏会でこのように演奏されたのは初めてだったそうです。(フルートフェスティバルでは毎年吹かれていましたよね!)

ゲストの藤田真頼氏は先生曰く、お話好きで面白い方だそうで、今回の演奏会でも話されました。氏によると「ガスパール・ホヨス」ではなく「ギャスパー」と発音されていました。(かわいいおばけのキャスパーを思い出してしまいました) 「ヴェニスの謝肉祭」では、その超絶技巧から目が離せませんでした!タンギングが凄い!1人で2人分吹いているような、いったいどうなっているのか分からないような・・・それもそのはず、作曲したG.ブリチアルディは本人が名人芸を披露するヴィルトーゾ・フルーティストでもあったということです。この聞いたことのある名前は、そう!フルートの「ブリチアルディ・キー」の考案者なんだそうです!

アンコールは美しい響きのゆったりとした「早春賦」でした。(ですよね?)藤田氏曰く「ルミエールはフランス語の“光”の意味。」つまり、W辺先生のお名前なんですね。(初めて知った・・・) 

大満足なひとときでした。北風の中、帰りも心は温かかったです。

★皆さん、気がつかれましたか?2種類のチラシの違い。もちろんゲストの写真が差し替えられていますが、1番上のテーマ(?)が、最初は「遥かな空へ」でしたのが、改訂版では「遥かな宇宙へ」に変わっていました。どちらも同じく「そら」と読むそうですが、より広い可能性を感じ、コンセールルミエールとしての新しい方向性を暗示しているように感じたのは私だけではないはず。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さて、興奮して昨夜の演奏会報告をしましたが、他にも何人かいらしていたようですので、ぜひ一言、感想などコメントしていただきたいです!よろしくお願いします。

今日の練習は「ひまわりの郷音楽ルーム」にて15名参加でした。(ぎっしり!)

音出しでは、音づくりP11の1番下のCは特に、1人で吹く時には響きのつながり・音色の感じに注意して。「♯ド」が抜ける響きにならないように。

今日のスケールはP17のE-dur。♯も♭も4つまでは何とか守備範囲にしていただきたいそうです。

「人生のメリーゴーランド」

♯2つ(h-moll)でありながら♯3つ(fis-moll)に近い響きだそうです。慣れてきたら1小節1拍で。

見慣れない臨時記号に注意して。(♯ラ=♭シなど)

伴奏リズムは後(3拍め)が強くならないように。

46小節のダブルシャープはソの音。(ちなみにダブルフラットは♭記号2こです。ダブルシャープはスケールP17の上2つにも出てきますネ)

「とおりゃんせ」

メロディはたっぷりと。でも、引っ張らない。

低音抑えて。特に3パート出すぎ。(私?すみません・・気持ちよく吹いていました~)

9小節めの2~4パートの出だしがソ→レ→ミと流れて聞こえるように。(やっぱり3パート強い)

歌詞をチェックして。(歌の意味を知って演奏する。)→次回歌詞カードを用意します。

全部同じにならないようにダイナミクスに気をつけて。

「浜辺の歌」

伴奏の動きが細かく途切れないように。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

時間が無くなり今日はここまで。ボランティアの曲に意外と時間をとられてしまい、申し訳なく思います。しかし、先生にご指導いただくとさすがに違いますね!次回ももう1回ご指導いただけますので、ボランティア出演されない方も是非練習してみてくださいね。

日本の歌ってしみじみいいなぁ~♪と、「浜辺の歌」を歌いながらご機嫌で運転して帰りました。(朝来る時には、笹下釜利谷街道で後ろからピッタリと煽られて、しかもその車はセンターラインに沿って走っていました。ってことは、機会があったら抜くつもりだった?信じられない!私だって60キロ(ちょい出すぎ)は出していたのに・・・決してノロノロしていた訳ではないのです。片道1車線で抜くのって危険すぎますよね。しかし、絶対抜かせない!と、意地になった私、こういう所が事故につながるのですね。反省ー)

「人生のメリーゴーランド」の「何コレ?」

昨日配布されました新譜「人生のメリーゴーランド」ですが、もう譜読みされた方、もう練習された方がいらっしゃいましたらきっと「あれ?」と思われたと思いますが、私も「何コレ?」とつまずきました。

46小節め2拍めの「ファ」に付いているマーク。縦2本の太線にしか見えませんが、最近便利に使っている我が家の音楽辞典娘に聞いてみましたら、こう見えて実はコレはX(ペケマーク)で、「ダブルシャープ」という記号とのこと。つまり、シャープ2コ分(半音2コ分上がる)だそうで、ナチュラルの「ソ」になります。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

では、なぜ最初からナチュラル記号をつけた「ソ」と素直に書かないのか?といいますと・・・ (以下 piano1001.comより抜粋)

ピアノなどの鍵盤楽器からのみ音階を眺めますと、1オクターヴには(黒鍵を含めて)12の音しか無いように思われますが、これはピアノが音組織を簡略化して音階を配置しているためで、実際にはもっと多く(3倍以上)の音があるのです。弦楽器や管楽器など微妙な音程の調整が可能な楽器の奏者は、実際これを区別して演奏します。

「ファのダブルシャープ」と「ソのナチュラル」は別の音で、このような音を「エンハーモニック」と云います。日本語では「異名同音」の語訳が当てはめられており、《同音》の語のために、見かけだけ異なって実際は「同じ音」のように誤解されやすいですが、本当は「異なった」音です。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

これ以上は難しくて理解不能ですが、音程の名称では厳密に区別されているそうです。

2月6日(土)2月になりました

立春を過ぎましたが、まだ風は冷たく厳しいですね。

今日も戸塚にて14名の参加でした。

今日のスケールは①P13 F-dur → d-moll ②P14 Es-dur → c-moll ③P19 G-dur → e-moll → C-dur と、続けて練習しました。e-mollは実は初めてで、けっこう難しいので「慣れてください」とのこと。P20 e-mollの4段目2小節目のレに♯が抜けています。書き込んでください!

「Sinfonia 3」

「今日はだいぶスッキリしてきた。パート内で合わないが、だいぶ良くなってきた。」そうです。

今日の指摘は「フレーズを分ける」こと。8分音符のつながったフレーズで、最初の半拍と次とは分けて。(例:11小節めなら最初のレとファを分ける)

前回I江さんから指摘のあった2パート29小節目の4拍めのファはナチュラルで。先生からお褒めの言葉が!吹いていて音楽的におかしい?と思うところがあったら是非先生にお聞きしてみましょう!

「Sinfonia 4」

まず合わせてみて、「なかなかスッキリしてきました。いいですよ。」と、先生のお言葉!

3パートが4分音符を刻んでいるところに他パートはうまく乗る。(3はあまり低音でないため聞き取りにくいですが、聴く!) 今日も先生がバスフルートを持ってきてくださり吹いて合わせましたが、さすがにバスの低音はよく聞こえます。吹きやすかったです。

2つのパートが掛け合いをしている所を他パートが半音階で動く という不思議な魅力のある場所が2ヶ所あります。23小節~と最後の42小節め~です。

25小節めが終わったところで前半と後半に分かれる。

各パート、いろいろ臨時記号やナチュラルなど落としがちなので、チェックしておいてください。

「楽しき農夫」

メロディはレガートでたっぷりと。伴奏のパッパッが楽しい雰囲気なので、軽くつぶを揃えて。

メロディの高音(ファ)を吹き上げない。

「ドシーラソー♪」のドシーと上がるところを流れるように途切れずに。

「Prelude」

終わりまでフレーズの流れが途切れないように。(伸ばしたところで終わらないように)

付点の付いた所はスラーの後の音を少し小さくするとリズムが明確に見えてくる。

テヌートの付いた音を引っ張りすぎない。

2分音符で伸ばした音をお互い聴きあって合わせるように。美しい響きになるように。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

新しい楽譜が配られました。

「人生のメリーゴーランド」 作曲/久石 譲 「ハウルの動く城」の中でテーマ的に使われている曲だそうです。作曲者自ら演奏している動画を聴いてみてくださいネ♪↓

次回はボランティアで演奏する曲「浜辺の歌」「とおりゃんせ」も先生にご指導いただきますので、皆様、楽譜をご用意ください。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

来週の今日は「コンセールルミエール♯48定期演奏会」です。ゲストの方が急病のため、急遽変更になり、今日は新しいチラシをいただきました。ドビュッシーの小組曲、楽しみです。当日券もあるそうですので、皆さん一緒に聴きにいきましょう。(演奏会は自分へのご褒美です)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

S瓶さんが体調を崩して今月いっぱい休まれます。お大事になさってください。元気になったらまた活躍してくださいね!

他の皆さんも体調に気をつけていただき、楽しく練習してくださいね!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

新杉田地域ケアプラザボランティアについて♪

新杉田地域ケアプラザでのボランティア演奏は、昨年3月9日、5月24日に続いて3回めとなります。

今回は2月28日(日)と、今月末です。時間等の打ち合わせができましたので、お知らせします。当日の午前中の練習は、会場が取れないため無しになりました。昼食を済ませて集合してください。 

2月28日(日)の予定

12:00  新杉田地域ケアプラザ受付前 集合

12:00~ 3階地域ケアルームで1時間ほど音出しと練習

13:30~ 同じ階のデイケアルームにてボランティア演奏

15:00  終了

*当日午前中に練習時間がとれませんので、前日の上大岡コミニュティハウスでの自主練習で合わせたいと思います。ご参加ください。

<曲目変更>

立春を過ぎていますので、「冬の童謡メドレー」は止めにして、代わりに「七つの子」「夜来香」を入れたいと思います。全部で10曲(昨日のブログ参照)になります。譜面をご用意ください。お持ちでない方はI上さんまでご連絡ください。よろしくお願いいたします。

*出演者は今のところ11名となっております。皆様、お忙しい中ありがとうございます!

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

演奏会用衣装についてアンケートをとらせていただきましたが、集計の結果、上か下(部分的に)を揃えたら?という意見が多かったです。女性では「ロングスカートを」という意見が多く、上は自由にしてもいいかもしれません。カタログ等を用意しますので、練習の時に相談しましょう!(資料等お持ちの方は是非参考にお持ちください!)

「あくまでも趣味のサークルなのであまり格式ばらずに経済的負担にならないように」というご意見をいただきましたが、まったくその通りです!リーズナブルに見栄えのいい物で揃えたいと思っています。(黒のロングスカートは1枚用意しておけば流行に左右されず、ずっと使えます)

↓衣装がいろいろ紹介されていますので、参照してみてください。

http://www.avivare.com

カタログも取り寄せましたが、迷ってしまって絞り込めません!皆様でチェックして「これはどう?」という商品を何点か選んでいただけませんか?

女性はこのようにしたいと思っていますが、男性陣はどのようにしますか?この機会に何か揃えてもいいかもしれませんね。是非、相談なさってください!

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

「は~もにっくコンサート」についてもアンケートにお答えいただきありがとうございました。結果は主催者の方へも伝え、次回への参考にさせていただきます。

また、次回「は~もにっくコンサート」のひまわりフルートサークル代表の連絡係は復帰しましたS本さんにお願いすることにしました。今度は是非フルートでも参加していただきたいですね!よろしくお願いいたします。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »