2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

8月31日(火)8月中になんとか!

昨日で熱帯夜連続47日の記録だそうで・・・!┐(´-`)┌

8月も今日で終わりですが、秋の気配はすっかり日が短くなったことくらいでしょうか。

まだまだ全然涼しくなりませんが、意地でも8月中になんとかやっておきたいことは、(夏休みの宿題じゃありませんが・・)パンジー・ビオラの種まきですっ!

パンジー・ビオラ観察日記①

831

種がゴマ粒より小さいので、ピートバン(水を給水させたピートモスの塊)に蒔く時にも、適当にパラパラなんて絶対にできません。種が1ヶ所にかたまって発芽してしまった場合、後でポットに移植するために抜く時に根が絡まってしまい非常に大変なことになるからです。

私はピンセットで一粒ずつ間を開けて置いてゆくようにしています。この上に種まき用の覆土を1~2ミリ。後は発芽まで水を切らさず乾かないように注意して涼しい所で暗く管理します。

今度の冬に美しく咲き誇った姿を想像して、9種類蒔きました。

この残暑で発芽するかが心配ですが・・・。!(・oノ)ノ

8月29日(土)2週間のご無沙汰でした

W辺先生、お帰りなさい!ご無事の帰国、よかったです!

ヽ(*≧ε≦*)φ

昨日のワークショップの練習へK居さんとN田さんが行かれました。

全然初心者っぽくなくて、とてもレベルが高かったそう(おおーっ、即戦力ではないですか!)で、お二人は楽器持参で行かれたのですが、初見の譜面についていけなかったそうです・・・。(本当に?)

是非ひまわりに入会していただきたいですね!お待ちしています

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今日の練習は13名参加。

先生はまだ少々旅の疲れが残っていらっしゃる様子。お疲れ様でした。

「ステンカ・ラージン」

だいぶいい。とてもきれい。ただ、2カッコへ行くのを注意。

あと、17小節から1・3パートでピッチ合わせるように。(離れてしまう)

「口笛ふいて働こう」

Eから気持ちゆっくりに。1拍前の音(テヌート付き)の前でブレスして気持ちを入れ替えて丁寧に。

頭の出だし急がない。(がむしゃらにならない)

最後のクレッシェンド音程が上ずらないように調節する。

♯ド高くならないように注意。(34小節からの2パートなど)

「魅惑のワルツ」

1パートもだいぶレガートになってきた。いい感じ。

ワークショップ発表会での演奏曲順は「ステンカ~」「口笛~」「魅惑~」の順です。

「別れの曲」

16小節めのフォルテッシモから早めに落とさないと19小節でピアニッシモまでいかない。

1パートは15小節から16小節の頭のミまで切らずに行く。

「Divertimento Nr.4」

1.Allegro

流れとしてはいい。

16小節からの2・3パートの刻み、落ち着きすぎない。

26小節~ピアノのままなので大きくならない。(後のフォルテが生きてくるので。)

2.Larghetto

2小節め1パート、一息でいければブレスしないできらずに。ミファが大きくならないように。

全体的にギラギラ感が無くなってさわやかになってきた。暑苦しいので一生懸命に吹きすぎない。

(;´▽`A``

3.Menuetto

ダイナミクスを明確に。

ピアノとフォルテは目に入っているが、音程に注意。(フォルテでピッチが高くなるので注意)

2~3小節1パート「ララララ」は少しつながった感じで。

34小節2パートのトリル後のミが気持ち遅い。

36小節~1・2パートのセットが一緒に動くのと3パートの動きとの対比。

46小節1パート1拍めはスタッカートで。

4.Adagio

いい感じでできました。

5.Allegretto

入り方に注意。指がすべらないように。

2小節目の1拍めは「タン」と長さを保って強くならないように。

12小節1パート「ドレラ」の後分けて。(ラは軽く)

最後は「パーンパーン」と。短くならないように。

ちょっとした心持ちが音に出るので、いい音を出そうと皆で心を合わせて、より良いモーツァルトに近づけていきましょう!

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

新しい「ひまわりフルートサークル通信1」発行いたしました。9月~11月の予定をはじめ、ワークショップ発表会やボランティア演奏のことについてもまとめて載せましたので、皆さん、早めにゲットしてくださいね!次号からも順に皆さんへのインタビューなど企画していきますので、取材にご協力お願いします。

あと2日で8月もお終いですが、あいかわらずの炎暑は続いていますね~!( ̄Д ̄;;

次の練習は9月4日(土)久しぶりの杉田劇場です。お間違いなきようよろしくお願いいたします。

W辺先生のお土産、ドイツのチョコは中がサクサクしていてとても美味しかったです。ご馳走様でした!(お休みされた方の分、あと少しありますよ~!)

M上さんがショートカットに!一瞬「誰?」って分からなかった位、イメージチェンジです。ますますすっきりと8頭身でお似合いです!

8月24日(火)ベルリン観光旅行

824

この夏たくさん収穫させてもらったゴーヤもそろそろおしまい。

特にこの白ゴーヤは今年のヒットで、確実に実が生る・見た目に美しい・食べて苦くておいしい!と、3拍子揃っていました。あ、あと1つ、葉っぱが大きく茂ってくれて日除けに貢献もしてくれました。

弱ってきたゴーヤに替わって、これからの残暑は今度は西洋アサガオで楽しませてもらいます。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

さて、コンベンション参加のために渡英されたはずのW辺先生、ルミエールブログご覧の方はもうご存知でしょうが、何と!イギリスに入国できなかったそうです!

書類が足りなくて入国審査で止められ、事情聴取・留置所・護送・・・と、予想外のものすごい経験をされた模様!

日本に強制送還される直前にドイツ行きの許可が出たそうで、「ベルリン観光旅行」~天使と悪魔に出会う旅~になったそうです。

S治先生の荷物が成田に帰ってしまったり、W辺先生高熱で寝込まれてしまったり・・・と、波乱万丈の旅を過ごされています。

この後は、どうか何事もなく楽しい旅となりますように、遠く日本からお祈り申し上げます。

それにしても、ルミエールメンバーが揃わなくって、コンベンションでは大変だったのではないでしょうか?(素朴な疑問)

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

私事ですが、この夏はどっぷり時代小説にはまっております。

今は、佐伯泰英「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズを読破すべく毎晩熟読中です。(32巻中今は9巻め)

時代小説はもともと好きでしたが、妖怪やあやかし怪談関係から入りました。今回は悪人が分かりやすく主人公が気持ちよく強い!というはっきりした設定が読みやすくて、どんどん進みます。

ところで、怖い話といえば、先週の午後、3日連続で「リング」シリーズをテレビで放映していました。日本独特の暗い画面が、見えないけど怖い感をかもし出していて、なかなか納涼となりました。(でも、本で読んだ時の方が何倍も怖かった!)

あー!そういえば、今夜から太宰治や芥川龍之介などの怪談を映像化したものが放映されますが、我が家では今まだ見れないハイビジョン放送。残念!(未だ地デジ化ならず)

8月18日(水)暑いの飽きた~!

819

連日の猛暑に、天気予報の「今日も暑い一日でした・・・」にいい加減飽き飽きです。

寒かった日々が懐かしい~!

さて、上の朝顔は、珍しいうすいピンク色の花です。早朝に咲いてすぐにしぼんでしまうので、せめて涼しげなその姿を画像でお届けします。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日の自主練習は4名参加。

音づくりの最初だけU田さんも参加!(頑張り屋さんの彼女は入会以来1回も休まずに練習がんばっていますね!)

U田さんが一人で音だしの練習をする横で、あとの3人で順に曲を合わせていきました。(今日はうまく各パートに分かれていました!)

モーツァルトも3人で合わせると、各パート1人でごまかしが効かない分失敗すればバレバレでいい勉強になりました。逆にうまく合うとクリアできれいな響きに!大人数でのアンサンブルではピッチを合わせるのが大事だということも改めて実感しました。

最後にもう1回音づくりを4人で吹いておしまい。お疲れ様でした!

次の練習までは間が開いてしまいますが、この機会に苦手なところだけでもちょっと練習しておきましょう!

8月15日(日)お盆ですが練習②

昨日に続き今日も練習でした!

まるで合宿したようにフルート三昧な2日間だったように思えます。

出席メンバーも1人入れ替わっただけで、他は皆さん2日続けて参加してくださいました!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今日は基礎練習の後、昨日出来なかった9/25用の3曲を続けました。

3曲通して6分ほど。ワークショップ発表会ではサースデイとロッキーズと一緒にアンサンブルします。他サークルは曲ごとにパートの入れ替わりが激しいそうですので、本番では私たちがなるべく前列に・・・ということです。次回練習時に出演できるメンバーをお聞きします。よろしくお願いいたします。

「Divertimento Nr.4」

第1楽章は前半を繰り返しあり。第5楽章は48小節でのリピート以外は全部繰り返しあり。他楽章は繰り返しなし。・・・で全部通して13分。は~もにっくコンサートでの持ち時間は17分ですので、これ以上スピードが遅くならなければ大丈夫でしょう、と先生。

5.Allegretto

速くても乱暴・雑にならないように。モーツァルトらしくノーブル・エレガントな感じを出して!

84小節のスラーは弱く終わり、その後でフレーズを分けて強く。

89小節からは3パートのかっこいいところ。スタッカートでスピード感が落ちないように。

4.Adagio

1パート、13~14小節めの「レーシシー」のシのオクターブ上がるところ、上で強くならないようにやわらかく。

3.Menuetto

出だし2・3パートはレガートにならないようにパンパンパン!と。後のレガートとの対比を大きく。他もスラーの付いていないところはすこし跳ね気味に。

2.Larghetto

1.Allegro

28小節までいったら最初に戻る。ここだけ繰り返す。

♪「大分モーツァルトになってきました」と先生。

先生のバスフルートで低音部が際立って聞こえますので、上は合わせやすいです(特に第2楽章の16分音符など!)

頭からバスフルートの出番があるときは、指揮が楽器の上げ下げだけですので、入り方に慣れましょう!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2日続きで先生も皆様も、お疲れ様でした!今日も猛暑日で暑かったですが、疲れを残さないように、体調管理にご注意ください。

イギリスマンチェスター行きまでカウントダウンの先生、日本はこんな暑さですが、イギリスは寒いそうです。お気をつけて行ってらしてください!(報告はルミエールブログでチェックしましょう!)

さて、ひまわりの次回練習日は8月末の8/29(日)屏風ヶ浦にてです。2週間あきますが、忘れないでね!

お配りしてあります黄色い新住所録に間違いがありました!U田さんのアドレスが違っていました。申し訳ありません・・・訂正したもの(上から貼れます)をお配りしていますので、今日お休みされた方は次回以降にお渡しします。

(人><。)

屏風ヶ浦で練習の時、練習後にちょっと残ってコーヒーいただきながらお話できるのがいいですね!今日は皆さん早めに帰られて、K居さんとM内さんと3人でしみじみお話しました。練習時間中にはなかなか話せないこともたまにはこんな形でおしゃべりできるのもいいです。

みなさ~ん、是非次は練習後に10分くらいでもいいですからコーヒー飲んでいきませんか?お急ぎでなければ、先生もお誘いしてお話できれば・・・なーんて思っています。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Kれんちゃん、体調はいかがですか?暑くてお腹は重くて、バテていませんか?ご実家に帰られていらっしゃるのでしょうか。ひまわりみんな楽しみにしています。 応援していますのでがんばってくださいね!

K部さーん、お元気でいらっしゃいますか?おさらい会の時はお祭りのお手伝いでいらっしゃれなかったそうですが、奥様の怪我とか、いかがですか?だいぶお休みされているので心配しています。次回は是非いらっしゃってくださいね!

8月14日(土)お盆ですが練習

Photo

コケロミンも届いて親子でネットに夢中の今日この頃ですの図。(キーボードカバーがヘロヘロだ・・・)

あ、「ケロミンって何?」という方が今だにいらっしゃいますが、立派な楽器です。口の開け具合によって音程が変わります。色々な音色が出せるシンセサイザーみたいなものです。(簡単なテルミンみたいなもの)なかなか使いこなすのは難しくて、つい、こうしてぬいぐるみのように遊んだりしていますが・・・。(^-^;

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

お盆だから今日の練習は少ないかなぁ~と思っていましたが、それでも参加者10名。

U田さんは新しい楽器が先生より渡されて、ますます練習に熱が入るのでは?

スケール練習は

P.13  F-dur → d-moll

P.14  Es-dur → c-moll

P.17  E-dur → cis-moll 

P.19  G-dur → e-moll → C-dur

最終的には最初から最後まで全部続けて15分くらいで吹けるようになるそうです。

(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

嫌がらずに地道に練習ですね・・・。

「別れの曲」

先生がバスフルートを吹いてくださったので、皆さん合わせやすかったのではないでしょうか?

3パートのブレスは小節ごとではなく、シンコペーションの動きで1拍めの後等で。

1パートメロディは3パートの動きをキャッチして乗るように。

15小節めは音を切り過ぎないで、響きが途切れないように。

最後の和音の響きが、サウンドをとれるように。

「Divertimento Nr.4」

1.Allegro

16~19小節・45~48小節の2・3パートの8分音符が停滞しないように。

21小節目1パートは「ファレシ」スラーで。

2.Larghetto

5小節めの1パートが早くなりがち。2パートの16分音符に乗って。

2パート、アルペジオの16分音符は息をセーブしてなめらかに。

24小節め~1パート燃えて急がない。スラーをなめらかに。(逆に2パートは妙に冷静)

3.Menuetto

1パート、4・6小節の3拍めを弱く(丁寧に)。

フォルテとピアノを意識して。

21小節1・2パートの8分音符の動きが合わない。

4.Adagio

ゆっくり過ぎると苦しいのでほどほどに・・・。(3パートの人にプレゼントをして速めにしてもらいましょう)

13~14小節の付点のついたリズムに注意。14小節めの3・4拍は1・3パートの動きをそろえる。

5.Allegretto

この楽章だけは(48小節めリピートを除いて)全部繰り返す。

1パート、16小節2拍めからの動きに注意。

1パート、25小節の入り方に注意。

♪3パートの人数が減りバランスを心配していましたが、今日は先生がバスフルートで3パートを吹いてくださり、低音がとっても良く聞こえて合わせやすかったです。本番でも指揮無しで先生がバスフルートで3パートに入るかもしれません。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今日は以上で時間となってしまいましたので、明日は「魅惑のワルツ」「ステンカ・ラージン」「口笛ふいて働こう」から合わせます。

明日は屏風ヶ浦です。2日続きですが、皆様、よろしく。

新しい集金袋の表書きが出来ました!皆様、1枚ずつゲットしてください。ひまわりの写真はH本さんが先日行かれたスペインアンダルシアの地平線まで続くひまわり畑です!

先日のおさらい会はものすごく盛況だったそうで、特にN田さんが酔っ払ってフルートを吹きまくっていたそう・・・。う~ん、聴きたかった!とっても楽しかったので、年1回といわずに2回くらいやってもいいのでは?という声が 宴会部長のK居さん、是非また企画してくださいね!

8月8日(日)夏の恒例おさらい会♪

Photo

(※今回のおさらい会実行委員長K居さんからの報告と画像です。ありがとうございました!)

8/8 連日の猛暑にもかかわらず、10人の方がおさらい会に参加いただきました。

会場に到着したらいきなり館長さんから演奏をぜひ聞かせてほしいと!!

少し緊張?!

参加者と新会員U田さんのお互いの自己紹介で気ごころも通じ、H本さんのリードで音だし、今教室で練習中の各曲を一通り全部アンサンブル(モーツァルトもディヴェルティメントNo.4を5楽章までやって、少し疲れましたね)

小休憩後、皆さんから次の楽曲の演奏をいただきました。

・カノン  パッヘルベル K子さん

・瞑想曲      タイス Hさん

・時代    中島みゆき S本さん

・セレナード  ハイドン A井さん

・ガボット          O野さん

・南国土佐を後にして  H本さん

・愛の喜び マルティーニ  K居さん

・別れの曲   ショパン O寺さん

・愛のあいさつ エルガー N田さん

N田さんには仕事にもかかわらず、演奏会終了近くの1時40分頃到着いただき、譜面なしで演奏されました。スゴイ!

館長かれこれ1時間半も聴いていましたョ

後半の親睦会は館長のカラオケ許可もいただき、飲食をしながらダベリング。ハーイ乾杯・・・

酔うほどに赤くなるほどにカラオケ・CD利用での演奏(N田さん、H本さんによる「見上げてごらん夜の星を」「タイタニック」、、、)もやっちゃいました。

U田さん曰く、皆さん本当に楽しそう・・・、

おいしい食べ物とワインを差し入れ下さった方、写真撮影に仕入れにとお手伝い下さった皆様、そして、なによりも楽しい話と演奏をありがとうございました。

準備不足で電池切れ前に撮れたK居撮影の写真を取り急ぎ添付します。(写っていない方、後の写真はまたのお楽しみです、、、)

Photo_2Photo_3Photo_4

8月5日(木)I上さん退会

昨夜はI上さんから全会員宛にいきなりのメールで、びっくりされた方も多いと思います。

私の方へも「事情がよく分かりませんが?」という内容の問い合わせがいくつか来ています。

「体調等私事の都合」のようです。これ以上の説明はいたしかねます。

入会してから今まで、本当にひまわりフルートサークルのために尽くしてくださり、無くてはならない方でした。存在感と実行力のある方でした。

今、突然退会されてしまうのは役員会としましても痛手で、少々パニック状態です。

とにかく、今後の練習会場取りなどすぐに着手しなくてはならないため、とりあえずA立がI上さんの仕事を引継ぎました。今後、練習会場・曜日等で何かありましたら、私までお願いいたします。今月半ば過ぎには11月の予定が確定します。今後はブログと月末に書面にてサークル通信を配布できるようにしていこうと思っています。

サークル員の皆様も、どうか運営にご協力お願いいたします。

今日も猛暑が続いています。

皆様もお体大切に、ご自愛くださいませ。

  平成22年8月5日(木)ひまわりフルートサークル役員一同

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »