2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

1月31日(月)Will研修コンサートについて

早いもので、今日で1月もお終いです。

昨日は午後に粉雪がちらちら舞い、さすがにものすごく寒かったですね!

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

さて、ご存知の方も多いWillのコンサート予定です。

「一期一会の会」という勉強会で、S水さん・S間さんも参加されています。

2月5日(土)リリス音楽ルーム 午後1:30~3:45 (無料)です。

フルートでは今回3名の方が演奏されるそうで、他に歌のソロが3人・アカペラピアノソロが2人など、出演者同士が聞きあう勉強会だそうです。

積極的にはお客様をお呼びしないそうですが、ご縁のある方には「どうぞ」とお話ししているそうです。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

S間さんへ「ジャズの夕べ」の写真をお送りしましたら返信をいただきました。

「楽しかったJazzの写真を有難うございました。

今回は、かぶりつきの席、ローグスのリーダーと朝風呂で話が出来たこと、笛の時間がたっぷり有った事、O野さんのご馳走・・・・・たくさんの喜びがありました。

皆さんによろしくお伝え下さい。

次回もまたよろしくお願いします。」

・・・ということです。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

2月からは寒さが緩んであたたかい日が続くようです。

本格的な春まであと少しですね!

1月29日(土)カルテッティーノ♪

皆様、久しぶりです。新年会から2週間。

「ジャズの夕べ」に参加された方とも1週間ぶりですね。

屏風ヶ浦地域ケアプラザの多目的ホールはこの頃はホームグラウンドな感じが出てきて、ほっとします。

今日は天気が良いため、先生の後ろや右横から日が差してきて、明るく気持ちがいい部屋でした。(そしてあたたかい!)

スケール練習では、P15上のAs-durにチャレンジしました。高音の♭ラ=♯ソの指使いはオクターブ下の中音の指使いから左の親指と人差し指を上げたものです。不安定で出にくい音ですので、余裕のある方には、プラス右中指・薬指 の指使いも試してみてください。

「カルテッティーノ」

1.アダージョ

出だしに1パートと2パートがずれて「ファ」を出し、1パートがソに移った時に一瞬音がぶつかって緊迫感が生まれる。

2パートは中音の「ド」が合いにくいので歩み寄る。

3パート積極的に。押さえつけない。

2.アレグロ

停滞しないで行けたのはいいが、少し突っ走りすぎ?

16分音符流れないように。

伸ばした後の動きに注意。

途中で短調になったり戻ったりして響きが変わるのを味わって楽しめるように。

3.メヌエット

4小節1フレーズなので、12小節の後で3パートは息が余っていても一旦切ってブレスする。

♪今回のこの曲は皆さん良く練習されているようで、かなり仕上がりが早いそうです。特にアレグロはかなり早いスピードで合わせていますよね。

「遥かな友に」

フレーズの終わりは弱くなるように。1パートの22小節目なども書いていないが>になる。

Fine後の1パートの入り方に注意。

31小節目など1パートはメロディの動きにつられないように。

「川の流れのように」

新年会で先生にリクエストした曲、先生が忘れずに持ってきてくださいました!

とりあえず好きなパートに分かれて初見で合わせてみました。

5連符・6連符も気になりますが、それよりきれいに合わせられるか・・・?

練習しましょう。

ボランティアの時に人気があるのはモーツァルトより圧倒的に美空ひばりのハズですから!!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

「ひまわりフルートサークル通信5」発行いたしました。今のところ何とかコンスタントに発行できていてほっとしています。年が明けてからちょっと行事が少なく記事がありません。横須賀芸術劇場のオープンデーも落選してしまいましたし・・・。エッセイをお願いした方以外でも何でも募集しますので、気軽に寄稿してくださいね!自分になかなか番が回ってこないぞ~と思っていらっしゃる方も積極的にお願いしますね!内容は音楽にこだわらず、好きなジャンルで!(「O農園の日々」など勝手に自分のコーナーを作ってくださってもいいですよ!)

次回の練習は2月6日(日)、A井さんがひそかに喜ぶ戸塚です!お間違いのないように!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

新年会では倍音の波長が分かり便利なツールとしてのiPhoneの話が出ましたが、赤ちゃんのいらっしゃる方はiPhoneを振ってガラガラの音を出してあやしているという話を聞きました。もはや電話とは言えませんね!何でもありのドラえもんのポケットみたいな・・・。

数年後にはスマートフォンの普及率がものすごいことになるとか・・・。

なんだか、電話以外の使用目的としての魅力がすごいですね!

1月23日(日)第6回★森の家 ジャズの夕べ

Photo

2

3

とりあえず、ひいきの「ビッグバンド ローグス」写真から!(席が前から2列めで、近すぎて全体の写真が撮れませんでした)

久しぶりでしたが、変わらぬパワーで圧倒してくれました!

リーダー伊波さんは絶妙なリズム感の腰振りでしたし、すっかり白髪になっていましたが、チコさんも真っ赤な顔でラストのソロ頑張って叩いていました!女王聖子様はますます声もスタイルも磨きがかかり、その他のメンバーも懐かしく同窓会の気分でした。

しかーし!!御子柴さんがいない!天才サックスプレイヤー(フルートも)の御子柴さんが!お休みでした・・・。

舞台の真ん中でふんぞり返ってえっらそーうに座っていたパーカッションの男の子YOSHIくん(実はうちの息子にそっくり)、態度がでかいと思ったら、本名「伊波淑」で、リーダーの息子ということが判明!どうりで今朝、ファミリーで宿泊して朝食とっていたわけですね!彼はラテンジャズバンド「エル・センセーロ」というバンドを組んで活躍中みたいで、サックスの風邪ひき新メンバー男子もそちらの仲間のようです。

Photo_2

こちらは「クレッセント・シティ・ミュージック・メーカーズ」 いぶし銀の味わいです。(クラリネットすごい!)

Kk

そして、「K&Kセブンスターズ」はヴィブラホーン中心に結成されて10年のバンド。

いつもながらヴィブラホーン奏者の衣装が眩しい!(この方の自宅で集まって練習しているそう!)

Photo_3

ローグスのお約束「チビリコマンボ」で盛り上がっています!

Photo_4

1日目の練習時にも写真を撮り忘れ、食事中も撮り忘れ、チェックアウト後にあわてて1枚!ようやく集合写真が撮れました。

あ、今回も1日目の午後は「火の間」で、2日目もチェックアウト直前まで部屋でちゃんとフルートの練習は出来ました!(S間さん、アドバイスなどありがとうございました!)

帰りは(行きもです)H本さんの車で送っていただき、S間さんを文庫近くで、U田さんを16号から屏風ヶ浦に曲がった所で、私を環状2号上りきった辺りで下ろしていただき、(多分O野寺さんも良い所まで送っていただいたのでしょう)各人自宅至近距離で帰宅することができました!本当にありがとうございました!

この次は、ジャズとか抜きで、純粋にどっぷりフルートの練習オンリーの合宿をしたいものですね!この上郷森の家ももちろんいいけど、他にも近場でいい所ありませんか~?

1月16日(日)新年会!

Photo

今日の練習は何と!15人参加でした!(I江さん惜しい!)

こんなに集まったのは久しぶりです。S治先生もいらしてくださり、新年恒例の集合写真を撮りました。(お正月の家族写真みたいでいいですね~!毎年撮りましょう!)

今日は練習の内容は皆さん分かっているとして、その後の新年会特集!

杉田劇場での練習終了後、杉田駅まで歩き京急で上大岡まで。

会場は上大岡駅東口から徒歩1分の「王家菜館」。ひまわりでは初めての中華です。

1

2

3

4

7

お料理もお酒も美味しくて満足満足!(本当にコースで沢山いただきました!)

先生や皆さんからいいお話もいっぱい聞かせていただきました。

S治先生のナイショの今年の目標も!(私もがんばります!)

W辺先生は夜からまた他サークルのご指導に行かれる予定とか。今日は珍しくお酒を召し上げっていらっしゃいましたが、大丈夫でしょうか?

皆さんちゃんと帰宅できましたか?

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

<3月の練習予定>

3月 2日(水)坂本祭典 自主練習

   6日(日)戸塚 音楽室

  13日(日)屏風ヶ浦 多目的ホール

       9:30~11:30(先生のご都合で時間が早くなります。注意!)

  16日(水)坂本祭典 自主練習

  20日(日)屏風ヶ浦 多目的ホール

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

<ジャズの夕べ>

いよいよ次の週末と迫りました。1日目(22日)の午後に「火の間」を借りましたので、せっかくですのでフルートを思いっきり吹こうと楽しみにしています!

宿泊されない方でも練習だけ参加できる方は是非いらしてください!

1月22日(土)13:00~16:00 上郷森の家「火の間」

今練習している曲と、以前吹いた曲でやりたいものもありましたらお持ちください。(今のところ、H本さん希望の「ロマンス」もやる予定です

参加希望者はA立まで連絡お願いします。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

★休会中のM内さんは当初は昨年一杯の予定でしたが、8月までお休みとなります。復帰されるのをみんなで待っていますよ~

今日は皆さん、いっぱいいろいろな話をされたと思います。特に先生からためになるいいお話しをお聞きした方、コメントで公開してくださいね!倍音のこととか、N田さん、よろしくお願いしま~す。

1月9日(日)2011年の練習スタート♪

平成23年も美しいアンサンブルを目指してがんばりましょう!

先生、今年もご指導よろしくお願いいたします。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

さて、今日は屏風ヶ浦でしたが、いつもの多目的ホールの手前のボランティアルームでした。12名参加で部屋はギューギューで、入り組んで何とか座れました。

「Quartettino」

パート分けしました。

1-4名 2-4名 3-3名 4-1名(U田さんのみ) とバランス良く自己申告。

どのパートが難しいとか、メロディラインは1パートとかが無いので、全パート組み合わさって音楽になっています。

面白く感じるまで大変な曲ですが、他パートの音を聴きながら「あ、一緒になったな」とか「かけ合っているな」などと感じられるようになると理解できるようになります。

1.Adagio

タイで小節をまたぐ時にずれないように。

各パートごとにブレスの箇所を確認してください。(休んだ人は聞いておいて)

今日は狭い部屋なのですごく音が反響してしまうのもありますが、バロック時代をイメージして、(そんなに大きな音が出る楽器は無かったので)ワーッと吹かないように。

2.Allegro

スラーでない時は気持ち弾んで。

指が追いつかない時は、音符を声を出して歌ってみる。これが出来るようになれば吹けるそうです。

一人で吹くとよく分からない曲ですが、全員で合わせてみると「こうなっているんだ!」という驚きが発見できます。(皆さん、今日は発見できましたか?)

3.Minuet

この楽章だけ繰り返しありで。

今日はすごく力強い(戦い系)ので、もっとやさしく。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

他に「AIR  DE  BUFFONS」「世界の約束」も合わせました。まだやりますので持って来てください。

今日配られた「遥かな友に」は2年前の笛の仲間たちコンサートでやった全員合奏の曲。4月の笛の仲間たちコンサートでもまた全員合奏でやります。今日は寝た子も起きる力強さでしたので、ピアノでコントロールして、息を減らすだけでなく圧力を落とさずにがんばりましょう。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

U田さんからクリスマスボランティア時の写真が配られました。ありがとうございます!

先生より「日本フルートフェスティバルin東京」のチラシが配られました。明日、東京文化会館大ホールにてです。先生は今日この後すぐにそちらの練習へ駆けつけるそうで、12時半からの練習にはちょっと遅刻してしまいます。明日は14時開演です。お時間の許す方は是非!チラシの裏には滝廉太郎の「花」の楽譜がついています。明日はフルートをお持ちの方は持参して一緒に合奏してください、ということです。

いよいよ来週の練習後、新年会です。先生を入れて参加者は15名の予定です。急に体調を崩した等で参加出来なくなった方は水曜日くらいまでにK居さんまで連絡を!

は~もにっくコンサートのアンケート、次回S本さんまで提出お願いします。

新春おめでとうございます

2011年が明けました!

皆様、今年もよろしくお願いいたします。

ウィーン・フィル・ニューイヤー・コンサート、今年もますます良かったですね~!

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

「ジャズの夕べ」にお申込の皆様、男性も女性も見事当選いたしました!

2日目朝食が和食希望か洋食希望かをH本さんかA立までお知らせください。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

新年最初の練習は9日(日)屏風ヶ浦地域ケアプラザのボランティアルームです。

お間違えのないように!

元気な姿でお会いできますことを楽しみにしています

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »