2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

1月29日(日)テンション高すぎっ!

戸塚にて12名出席。大御所(O野さんやH本さん)がお休みでした。4パートはいない状態。

今日は4楽章のスコアが配られました。多い!3枚半(A4で7枚分)このスコアを見ながら演奏するためには、ジャバラで横に伸びる尺八用の譜面台でも足りません。考えてみましたが、譜面を繋げて一つながりの巻物状に巻いて、モーターで巻き取る式の譜面台作れないでしょうか?足で踏むとヴィーンと動いて巻き取るの。どう?あ、でも、ダルセーニョとか無理ね。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

第4楽章RONDO

「お!ターンだ!」という感じにターンが目立ちすぎないように。さりげなく。

8分音符の連打はひとつひとつではなく、2拍子で感じて。

出だし1パートはピアノで。

33小節1パート軽く。

38小節からターンが続くが、突っ込みすぎない。(106からも)

44小節から2・3パートの掛け合いの動き。

60小節からは転調して♭3つの響き。

67から4小節、1パートシンコペーション確実に。

2パート83小節弾んで。

85からシはナチュラル。気をつけて。

149小節から2パート独自の動き。155小節3拍めスラーつけて。

149から3パートは1パートの追っかけのメロディ。存在感出して「ここにいるよ」と。

154小節から皆一緒になり調和が取れてくる。

最後に先生から「素晴らしい!よく出来ました。突き進んでいる感じ。」と。

第2楽章Romance

1・2パート一緒に動く所が多いが、足並みが揃わない。

8小節から1パート、指が管理されていない。

自分だけでやらずに、もっと聞く人に伝わるように。

第1楽章Allegro

24小節2パート、シンコペーションの動きが見えるようにアクセント付けて。

1パートは2・3・4・バスの上に乗っかっていく感じで。先に行かない。空気読んで。メロディが先にいくことで全部を壊してしまうこともあるので、責任持って。

聴く人のためのメロディでもあるので、自分だけで楽しまない。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

1・2・4楽章を続けて吹くと、さすがに酸欠状態になります。特に、第4楽章はブレスするひまが無いので。

でも、思いっきり吹くと、運動をした後のような爽快感がありますね。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日は「ひまわり通信17号」発行いたしました。昨年から皆さんにアンケートをお願いしたり、バッグの写真をとらせていただいたり、ご協力いただきありがとうございました。楽しんで作り、やっとまとまりました。

先週の新年会の写真も、料理の写真入りで焼いてお配りしました。写真はI江さんからも配られました。(いつもありがとうございます!)←I江さんには届かない。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

次回練習日はまた来週の日曜日(2月5日)に戸塚です。

「笛の仲間たちコンサート」まで先生ご指導の練習はあと5回しかありません!各自、出来る範囲で練習をしてきて、パート内で気持ちを合わせて揃えられるようにしましょう。

出来ないところがあっても、そこは補い合って演奏できます。それがアンサンブルのいいところ!ベストでなくても、よりベターな演奏を目指しましょう!♪

1月28日(土)寒い~!

128

ここ数日、最低気温が氷点下のために、朝がキツイです。

ヒートショックを起こしそうで寝床からなかなか出られない・・・。(;´д`)

・・・で、この寒さを楽しみにできるように、夜のうちにバケツに水を張っておきました。

今朝、「やったー!」氷です!

小学生の観察日記みたいですが、やはり嬉しいものです。

128_2

うれしかったことはもう一つ。

近所の庭で立派な大根が出来ていて、その家のご主人と立ち話をしていて大根のことをほめたら、「持っていく~?」と、その場で抜いてくれて、いただいてしまいました。

夏には立派なきゅうりが生っていた所で、野菜命!の方なのです。

この大根は今晩、葉っぱは菜飯に、実はそぼろ煮とサラダにする予定です。

1月26日(木)「金平糖」

最近時々耳にする NHKみんなのうた の「金平糖」。

太田裕美の少し舌足らずで温かい声が曲によく合っていて、甘い金平糖が溶けてゆくように心に沁みこんできます。

「心が砕けてしまうほどの悲しみに打ちひしがれ、あてどもなく雑踏をさまよう。そんなとき、星空から舞い落ちた光の粒は、手のひらで一片の金平糖となり、あたたかい思い出を甦らせ、辛い気持ちを溶かしてくれた・・・。メルヘンに満ちた短いストーリーを、ほんわりとした太田裕美の歌声にのせてすべての人に贈る幸せのメッセージ・ソング。」(NHKサイトより)

偶然聞く機会があったら、「あ!これだ!」と思って聞いてみてくださいね。

(*´ェ`*) じんわ~り 心に届きますよ♪

1月26日(木)楽器ウォーマーって?

Photo

29日発行の「ひまわりフルート通信 17号」編集中ですが、フルート用バッグのことなどネットで調べていた時に発見!しました。

「楽器ウォーマー」って知っていますか?

フルート、クラリネット、オーボエ、リコーダー用の楽器ウォーマーはヤマハ製。(もう売っていないかもしれない)

室内と室外の温度差が激しい季節に役立ちます。

「限られた時間内で楽器のウォームアップが効率的に行える優れもの。管体を暖めている間に譜面の準備などが行えるだけでもずいぶん違います。

また、楽器ウォーマーを広げると十分な広さの楽器マットにも。この使い方の方がお世話になっている気がします。」(使用者感想)

練習の合間や本番前のひととき、楽器が冷えて音程が下がってしまうことを心配される方も多いのでは。楽器ウォーマーを楽器にかぶせることで、楽器が急激に冷えることを防ぎ、音程のずれを防ぎます。楽器をお布団のように優しく包みます。(商品説明)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

う~ん、この季節、木管楽器とはいえ、金属製のフルートは冷たいですよね!息を吹き込んでしばらくして、やっと温かくなる感じ。でも、一休みするとすぐに冷えてしまいます。

昔、吹奏楽でクラリネットを吹いていた時には、楽器が冷えることに敏感で、本番前などには「ふ~ふ~」と息を吹き込んで温め、リードも湿らせておきました。

フルートではあまり温めるということが無いように感じます。

楽器用に座布団が欲しいと思っていましたので、楽器ウォーマー風に包んでしまうタイプなら手作りできそう!練習の時、休憩時間に椅子の上で楽器が転がってしまうことも防げそうです。

時間があったら作ってみます♪

1月24日(火)朝は雪景色でした

124

また雪が溶けてしまう前に急いで撮影しました。遠くの方に朝陽が差してきています。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

♪コンセールルミエールのブログで紹介されていたピンクのバスフルート!すっごい色ですね!目立つこと間違い無し!台湾のGUO FLUTEのNEW VOICEシリーズらしいのですが、テナーフルートと紹介されていました。(テナーなんて、聞いたことない!)値段も気になりますが、普通のバスフルートの3分の1ということは、やっぱり結構高い!おもちゃではないということですね。(でも、やっぱりちょっと気になる~)

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

遅くなりましたが、22日の練習時の先生のご指摘事項をまとめて報告します。

「SERENADE IN G」

第1楽章Allegro

大分人の形が見えてきた。

11から柔らかくエレガントに。12小節1・2パートは2・4拍目強くならないように。

18・19小節1・2パート、3拍め後ろから入る装飾音合わせるように。

2・3パート、35からの動き39までピアノなので、刻みがクリアでないとがちゃがちゃする。43からもピアノで。

60から和声が変わっていく。暗くなってゆく感じをつかむ。

70レガートで。72、1パートはピアノで入るように注意。

127からコーダ。1パートピアノで。よりエレガントに、パート内で合わせて。

132から1パートは他パートの刻みに乗って。

第2楽章Romance

繰り返し無しで。

全体に速すぎる。勝手に行かない。テンポキープして。

アイネクライネの中でゆっくりなのはこの楽章だけ。

1パート、16分音符コントロールして、早いまま行かない。下ってくると加速度的に早くなる。指がすべらないように。

たっぷりゆっくり、でも、重たくならないように。大人のアンサンブルで。

第4楽章RONDO

繰り返すのは頭の1カッコ2カッコだけ。56の1カッコはとばす。

1パートに出てくるターンは(例えば)ラソファソのように4等分して均等に入れる。

速さは今回やったよりは早くしない。振り落とされないように。(えっ!?いきなり最終的な速さですかっ!)

キツツキ奏法に徹して、とにかくタンギングの練習しなくては!(3パートは最後にレの連打が8小節64回続きます。しかも、フォルテだ!

新年会でI田さんと話しましたが、フルートでの高音のピアニッシモと低音のフォルテは難しい!先生はフォルテを「強く」ではなく「美しい音で」とよくおっしゃいますが、やたらに強く吹くと音が割れてしまい、酷い音になってしまいます。

アンサンブルを続けてきて、最近はだんだん難しい曲にもチャレンジできるようになってきた私たちですが、美しい音!これをひまわりの今年の目標にしませんか?

1月22日(日)モーツァルトの後イタリアン♪

久しぶりの屏風ヶ浦での練習でした。

14名参加、最近皆さん出席率が高いですね!モーツァルトで燃えているのでしょうか?

(PCの具合が超悪いため、今日の練習での先生のご指摘は後日載せます。)

とりあえず、新年会の集合写真だけでも・・・。K居さん、いろいろお疲れ様でした。おかげさまで美味しくて楽しいひとときを過ごせました。ありがとうございました!

Photo

<3月の練習予定>

3月18日(日)屏風ヶ浦

  25日(日)戸塚

※この他にもう1日練習日を取る予定です。

  31日(土)笛の仲間たちコンサート 関内小ホールにて

1月20日(金)初雪

今、午後2時現在すっかり雨に変わりましたが、今朝は夜明け前から初雪になり、ちょっとした雪景色でしたね。(写真を撮る前に溶けてしまいました)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

初雪といえば、「ハツユキカズラ」という植物があります。

グランドカバーに使ったり、寄せ植えで手前に垂らして使ったり・・・と、よく見かけます。

Photo

葉に白い斑が入り、そこから「ハツユキ(初雪)カズラ」の名前がありますが、実は新芽の時にはピンク(赤みが強い時もある)、徐々に育つと白みが強くなり、次いで白と緑の斑点が混ざった姿になり、最終的には緑一色になります。

全体として見ると、それぞれの段階の色を楽しめます。

けっこう寒さに強くて、あちこちの寄せ植えの鉢でがんばっています。

1月19日(木)乾燥しています

神奈川は今日で暮れから34日間、乾燥注意報が出続けています。(東京は1日多い)

過去10年間で2番目の記録だそうで、どうりで庭の植物もパサパサです。

この乾燥で、女性はもちろん男性も肌が乾いて大変ですし、インフルエンザも流行っています。

帯電体体質の私は、いろいろな物にパチッ として大変です。

特に、セルフのガソリンスタンドで給油する時は命がけです。何回も手を静電気を逃がす所に付けてドキドキしながら給油します。(外国で、給油時に静電気で大爆発!というニュースを見たことがあります) もちろん、車のドアーの開け閉め時もパチッ、他にもいたる所でパチッ しまくりです。

静電気で気をつけなければいけないのはパソコン もだそうで、USBを付ける時などに、手から静電気が本体に入りショートして故障することもあるそうです。

゚.+:。ヾ(*゚A`)ノb゚.+:。

気をつけましょう。

明日は予報では雨ですが、どうでしょう?

1月15日(日)2012年のひまわり始動

1151

1152

1月も半ばとなりましたが、ようやく、ひまわりフルートサークルも始動します!

今年もまた1年、よろしくお願いいたします!

(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

さて、今日は久しぶり(2回目)のフォーラム南大田でした。ご指導はS治先生。W辺先生は朝いちでいらっしゃいましたが、別のお仕事へ急いで行かれました。

基礎の音出しと音階練習の後、モーツァルト。

今日は1楽章と4楽章のパート譜をいただきました。2楽章「Romance」の楽譜は以前と同じものです。次回からお持ちになってください。(今日忘れた方にお貸しした楽譜は次回お返しくださいね!S藤さんの分などです。)

1楽章Allegro

出だしが8分休符が詰まり気味。あせらないで。

12小節の装飾音早く(短く)入るように。4分音符は伸ばさないで跳ねる。(特に2拍め、タランッターと伸びないように)

43小節、1パートは早く行き過ぎるので注意。4パートは4分音符しっかりパーンッと。

全体的にスラーの後の休符が短くなりやすい。

60小節から2・3パート前へ進んで行く力がだんだん弱まっていくので、どこに向かって進んでいくのかを感じて。4パートのドの音がベースで、、ソになりまたドに戻るのを感じて。

61~の1パートのトリル可愛く軽く。

93小節~3・4パート各小節最初の音は「スフォルツァント」その音だけ大きく。できれば意識して。

4楽章RONDO

実際はこの楽章はものすごい速さですが、今日はゆっくりと確実に合わせてみました。

パート譜ですので他パートの動きがいまいち分かりませんが、とにかくこの楽章も3パートは8分音符連打のキツツキ奏法(今日私が命名)。

2楽章Romance

ロマンスという曲はたくさんありますが、外国の人が演奏するとテンポはどの曲でも一定。日本人が演奏するとたいてい速すぎるそうです。

1パートの16分音符の所は、歌ってみる。例えば8小節めは「ドレファミ レミソファ ファー ・・・」などというように。吹くと歌ったときより早くなっているので注意する。

26小節からの掛け合いがそっけない。ロマンスじゃない。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

久しぶりの練習は楽しくて、2時間があっという間でした。S治先生、ありがとうございました!

休憩時間にN田さんからタカノフルーツマドレーヌの差し入れをいただきました。ごちそうさまでした。

K居さんが企画してくださっている新年会、今日のところの参加人数はW辺先生を入れて15名。(S治先生は残念ながら今回は参加出来ないそうです

今年も恒例の「横須賀芸術劇場オープンデー」オペラハウスで演奏会出演者募集。3月11日(日)です。時間は2:30~6:30の間で1団体8~10分。とにかく当選するかどうか狭き門ですので、応募してみることになりました。もし当選したら、今練習している曲を「笛の仲間たちコンサート」の前にお披露目することになります。あのホールで演奏できるのはちょっとドキドキでわくわくします

I江さんから暮れのボランティア時の集合写真をいただきました。サンタエプロンなど、皆さん毎年レベルアップした装いになっていっています。ありがとうございました!

「第7回は~もにっくコンサート」のひまわりの演奏分だけのCDを出演者全員分ご用意しました。ホールでの演奏の聞こえ方や自分の演奏・全体の演奏のバランスなどについて 、じっくり聴いていただきたいと思います。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

次回練習は22日(日)屏風ヶ浦です。練習後に横浜まで移動して新年会ですのでよろしくお願いいたします。

\(^o^)/

ところで、今日はセンター試験2日目。今日は理数系の科目の日ですよね。お子さんが受験されている方もいらっしゃることでしょう。今年は雪が降らなかっただけでも良かったですね。(だいたい毎年降りますよね。)

1月12日(木)15日の練習について

1月15日(日)の練習日ですが、W辺先生のご都合でS治先生のご指導となります。

私たちにとっては久しぶり わくわくドキドキです。

新入会員のお二人にとっては懐かしいS治先生ではないでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

<ひまわり新年会について>

皆様へ連絡されていると思いますが、K居さんが会場を探してくださいました。

□日 時 / 1月22日(日)12:30~14:30

□会 場 /  崎陽軒本店イルサッジオ(横浜駅東口徒歩1分)TEL 045-441-3331

Photo_2 Map 

□会 費 / 3,000円/1人

イタリアン7品目のコースです!お酒を希望される方は別途自己負担(税・サ共)でお願いいたします。

Photo_3

♪新年会の出欠を15日くらいまでに宴会部長K居さんまでお知らせください。

 当日は、W辺先生・S治先生をお招きします。お食事しながら楽しいひとときを過ごしたいと思います

1月9日(月)消臭剤シリーズ

Photo

暮れの大掃除であちこちから出てきた消臭剤。いろいろ。

さて、詰め替え用を買いたいのですが、どれにしようか、悩んでいます。

後ろを見たら、○ァブリーズは衣類・布製品用消臭剤。○セッシュは衣類・布製品・空間用消臭剤。

○ァブリーズ ハウスダストクリアは花粉対策として買ったのですが、実は空間にスプレー出来ないことを初めて知りました。

香りで選べば「そよぐ草原の香り」か「森林浴の香り」のどちらかだなぁ~?

売り場へ行けば、また新製品があって迷いそうです。

1月8日(日)あきたこまち京急オリジナル米袋

Photo

上大岡の京急百貨店で、袋がかわいいので思わず買いました。

1月6日(金)録画でウィーンフィル♪

Photo_2

やっと録画してあったウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートを見ることが出来ました。

やっぱりお正月は、美しい花々で飾られた黄金の学友協会大ホールのウィーン・フィルを聴かないと!

Photo_3

今回の指揮者はマリス・ヤンソンス。6年ぶり2回目だそうです。

1曲終るごとの客席を振り向いての「どや顔」が見事で、「どや!えーやろー!」と、(なぜか関西弁)顔でアピールしていました。(笑)

会場を飾る花は今回は赤と白。でも、例年ほど華やかでなかったような・・・。

バレエダンサーによる踊りやウィーン少年合唱団も楽しめましたし、ポルカ鍛冶屋では、指揮者自ら両手にハンマーを持って「カンカン」リズムを取っていました。

一流の音楽を聴くだけではなくて、見て楽しめるし、サプライズにビックリできます。

アンコールの恒例「ラデッキー行進曲」では、指揮者の指示で観客もリズムを取っての拍手を大きくしたりうんと小さくしたりと参加していました。(私も)

毎年会場には必ずあちこちに着物の日本人が見られますが、いつか私も着物を着てあそこに座ってみたい!と夢見てしまいます

1月4日(水)この年明け

4日となり、そろそろ仕事始めの方もいらっしゃることと思います。

もちろん、年末年始関係なくお仕事された方もいらっしゃるのでしょう。

私は、この年明けは、結婚して以来始めて両実家へ挨拶に行かずにゆっくり過ごしました。

おかげで2・3日の箱根駅伝を往路復路ともフルに見ることが出来ました。

4年間応援してきた山の神の最後の箱根の走りも見ることが出来ました!!

でも、録画してある大晦日のジルベスターコンサートとウィーン・フィルのニューイヤーコンサート2012をまだ見れていません。

何となく毎晩家族でお笑い番組ばかり見て、大笑いしていました。

とりあえず「笑う門には福来たる」で、良い年になりますように!

ヽ(´▽`)/

1月3日(火)ガチャピンから賀状が来たー!

Photo

厳密には、ガチャピンからではなく、フジテレビKIDSから。そして、私にではなく夫にでした。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今年の干支の竜について

竜の姿は「竜に九似あり」といわれるように、角はシカ、頭はラクダ、眼は鬼、体は蛇、腹は蜃(しん=大はまぐり)、ウロコは鯉、爪はタカ、手のひらは虎、耳は牛にそれぞれ似ているとされています。

喉元には一枚だけ逆についた鱗があり、これに触れると竜は激怒し、触った者を生かしておかないとか。このことから、目上の人の怒りをかうことを「逆鱗(げきりん)に触れる」といいます。

こうした表現が生まれたのは、古来中国では竜は瑞祥(ずいしょう=めでたいしるし)であり、権力者の象徴だったためといわれています。

2012年1月1日(日)謹賀新年

Photo

新しい年が明けました。今年も皆さん一緒に美しいアンサンブルを目指していきましょう!

今年は曇っていて初日の出がうまく撮影出来ませんでしたので、代わりに義母作の干支木目込み人形です。

初詣は川崎大師へ行こうと思っていましたが、元旦は混みすぎていて辛いので、地元の富岡八幡宮へお参りしてきました。それでも、長蛇の列で、お参りまで30分かかりました。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お正月は、年神様を我が家にお迎えして一年間の家族の幸せを授けて頂く行事です。

祝い箸は、片方は自分が、もう片方は年神様が使うとされているため、両端が細くなっています。おせち料理を食べている時に、もう片方では神様が召し上がっていらっしゃるのです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »