2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

1月22日(日)『魔笛』は今の混沌とした時代でこそ上演する意味がある

昨年からひまわりで取り組んでいます『魔笛序曲』ですが、昨日練習がありましたオーシャンズでも同じ曲を少し違ったアレンジでやります。

「笛の仲間たちコンサート」でひまわりが演奏する前にオーシャンズバージョンで聴けますので、ひまわりの方たちも是非聴きに来ていただきたいです♪

                    ・

冬のアンサンブル会
2月5日(日)14:00〜  戸塚フォーラムホール
                    ・
少人数のアンサンブルから大人数(15名)のオーシャンズや特殊管バスカーずなど、笛の仲間たちが枠を超えて集っています。
少人数でしか出せない繊細な透明感や、大編成での広がりなど、自由に好きな曲を披露しますので、とっても楽しみです。
☆5分枠・10分枠ともにまだ申し込み可能だそうです!今からでもチャレンジしてみてはいかがでしょう?
                    ・
ところで、クラシック音楽情報誌「ぶらあぼ」2月号を手にして、表紙を見て『魔笛』の文字に注目!
開いてみると…
Img_1431
神奈川県民ホールで3月18日(土)19日(日)各日14:00開演 でオペラ『魔笛』やるではありませんか!
3月20日の笛の仲間たちコンサート直前と、忙しい時期ですが、なんとか聴いて(見て)みたいものです♪
「《魔笛》は今の混沌とした時代でこそ上演する意味があると思います」
指揮者:川瀬賢太郎氏
「このオペラは“愛”のオペラだと思います。劇中で、光と闇、明と暗が描かれているけれど、じゃあ、光や明が善で、闇や暗が悪だと誰が決めたのか。闇がなければ光は存在しない。どちらがいい悪いじゃなくて、両者は切り離せないものなんです。考え方はひとつじゃない。その混沌とした世界を、あるカップルが“愛”によって乗り越えようとする。それこそ《魔笛》です。この作品は社会の縮図です。みんなが《魔笛》にあるような多面性を共用している。そのわかりにくい世界を乗り越えるパワーを持っているのは“愛”しかない。」ぶらあぼ2月号より

1月7日(土)新曲はこの曲♪

Wie stark ist nicht dein Zauberton

〜魔笛の力強い調べは〜 1:55頃から
1パートはタミーノ王子の吹くフルート
2パートはタミーノ王子のうたうアリア
3パートは少しだけ遠くで聞こえるパパゲーノ  
だそうです。

2017年明けましておめでとうございます

年もよろしくお願いいたします♪

トリさん、緊張しながらお正月のご挨拶です。

Img_1380_2
                    ・
撮影終わった〜?
「はぁ〜、つっかれた」
Img_1377_2
          ・
〜追伸〜
この年末年始の間に当ブログ10万アクセス突破いたしました!
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
覗いていただきありがとうございます♡
今年も細々と続けてゆきたいと思います。
゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »