2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

5月29日(月)8月までの練習予定

新役員会スタートしましたが、まだ引き継ぎが終わっていないということでN根さんが取ってくださった8月の予定までお知らせいたします。
*N根さん、3年間、お忙しい中会場取りをしていただき本当にお疲れさまでした!常にずっと先まで気にしながら会場を取るのは大変で責任の重い大変な仕事です。おかげさまで、私たちは毎月安心して練習することが出来ました。ありがとうございました。m(_ _)m
                    ・
<6月の練習予定>
11日(日) 戸塚多目的スペース(大)
18日(日) 屏風ヶ浦地域ケアプラザ
  13:00〜14:30 フルートコンヴェンション練習 ひまわりの郷 
24日(土) 南太田フォーラム
                    ・
<7月の練習予定+α>
 8日(土) 戸塚フォーラム
16日(日) 戸塚多目的スペース(大)
20日(木) コンセールルミエール♯71演奏会 ひまわりの郷19:00
23日(日) 戸塚多目的スペース(大)
 13:00〜14:30 フルートコンヴェンション練習 ひまわりの郷
                    ・
<8月の練習予定+α>
 5日(土) 戸塚フォーラム
11日(金祝) 南太田フォーラム
19日(土)日本フルートコンヴェンション2017in川崎
  笛の仲間たちから アンサンブルルミックス午後出演
26日(土) 逗子FES定期演奏会 逗子文化プラザホール
27日(日) 戸塚多目的スペース(大)
30日(水) 真夏のアンサンブル大会 エリスマン邸
                    ・
毎月の練習の他にコンセールルミエール演奏会や他のサークルの演奏会など、特に8月は予定がいっぱいです。
皆さん、良い音楽・演奏をたくさん聴きに行ってください♪
今回も逗子FESさんの定期演奏会にひまわりからN田さんが賛助出演されるように逗子さんのブログに載っていましたが、ご本人にはまだそんなお話はまったく無いそうです。
今朝は『賛助出演するN田さんを応援に行こう!」みたいに書いてしまいましたが、訂正してお詫び申し上げます。(5.29 PM9:40)
                    ・
◇ご報告◇
私A立はこの度マイバスフルートを(やっと)手に入れました!
今後はマイバスフルートでひまわりのアンサンブルを下から支えていかれれば…と楽しみにしております♪
よろしくお願いいたします。
 

5月26日(金)セントラル楽器で調整会

ただ今、東白楽のセントラル楽器で「春の管楽器フェア」を開催しております。

アルタスの技術者(どなたでしょう?)が来店しての調整会がありますのでこの機会にぜひ!!
フルートは1年に2回(季節が変わったら)は何ともなくても調整した方がいいそうです♪
                    ・
『アルタスフルート調整会・試奏会』
7月1日(土)10:00〜17:00
完全予約制  一人30分
*ちなみに、メーカーにはこだわらず、どこの楽器でも大丈夫みたいです。
 今ならまだ空き枠があります!!
セントラル楽器Tel:045-324-3111

真夏のアンサンブル大会&バーベキュー

昨年も楽しかった“真夏のアンサンブル大会”が今年も開催されます♪

■日時:8月30日(水)15:00開演
■会場:エリスマン邸 地下ホール
■会費:1,000円/一人
■食事:バーベキューの予定(18:00〜)別途費用かかります
                    ・
ソロで好きな曲を吹くもよし。
数人でアンサンブルを楽しむもよし。
舞台ではありませんのでカジュアルな気分で参加できると思います。
ひまわりからも奮って参加していただきたいです♪
                    ・
そこで、提案ですが、この曲をご一緒に吹いてみませんか?
メンバー募集しま〜す。
今からなら3ヶ月ありますのでじっくり取り組めます。
フルート5重奏曲です。
スコア見て希望するパートで吹いていただく予定です。
聴いてみて興味のある方はぜひA立まで声を掛けてください。
5人以上集まったらGoします!(*^ー゚)b
                    ・
『祈りのソネット』

5月21日(日)今日からの曲と今日までの曲

このような形で練習報告を書くのは3年ぶりです。

練習報告は、お休みされた方はもちろんチェックしていただきたいのですが、出席された方ももう1度確認していただき同じ注意を何度も先生からいただかないように復習お願いいたします。

                    ・

私もI井さんと同じく、練習を録音して聞き直して先生のご指摘を再確認してブログにアップしたいと思っています。
iPodのボイスメモ機能で録音していますが、予想外に高音質で録音されていて、空調の音までしっかり入ってしまっています。
…ということは、先生のご指導されている声も、皆様のおしゃべりも、練習してみている音も、、しっかり入っています。
*先生の声が聞こえませんので、おしゃべりや音出しはなるべく小さい音でお願いします。(人><。)ヨロシクオネガイシマス!!
          .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
さて、今日は見学者が一人。
はい。昨年のひまわりの第2回演奏会後の打ち上げで突然いきなり退会されて合奏団へ行かれたK部さんが戻ってまいりました。
合奏団では上手い方達の中でしごかれて、きっとアルトフルートの腕も上達されて戻って来たのではないか、とひまわりでの活躍を楽しみにしています。
          .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
『さよならの夏』
今日から始めるこの曲は9月のひまわりの郷ワークショップ発表会でのOB合同演奏曲です。
吹き方の流れは、長い1カッコから13小節目に戻って44小節から2カッコに跳びます。
・29小節〜 2・3・アルトで8分音符のアルペジオの動きを繋げてゆくので意識して。
・67小節〜 テンポ落として1回止まった後、アウフタクトでメロディから出る。
『あの日の川へ〜いつも何度でも』
この曲は演奏会の時の1曲ですが、今回は多少パートの入れ替わりがありました。
・Gは他のサークルメンバーはお休みで私たちだけになります。
 アルトの音が沈まないように明るく。(アルトは当日4人になります)
                    ・
『QUARTETT』
2楽章 Andante
・5小節〜 3・4パートは伴奏の形になりますが速いので、あまり攻め過ぎないように。2パートは遅い。
・29小節め 2パートは1パートを聞いてから入る。
・各パートに速い部分は出て来ますが、人が感じられるくらいのテンポなので練習して確実に。
◎37小節のスラーの中のスタッカートは、クリアにする為にスラーは取る。普通にスタッカートで。
・55小節 1と2の掛け合いのメロディですが、2パートは1パートが終わらない前に動き出している。“愛の掛け合い”を忘れずに。
・59小節 1パートの細かい動きが3・4パートの伴奏より遅れているので入りきれるように。3・4パートは逆に熱くならないで落ち着いて。
3楽章 Minuetto
・TRIOで16分音符が速くならないように。
                    ・
『想い出は銀の笛』
楽譜が配られたのが昨年の9/17でした。
なんと! 8ヶ月も続けてきたのですね!
最初はこんな難しい曲は絶対に無理だと思っていましたが、
1楽章ずつ先生が丁寧にご指導くださり、
仕上がりはしませんでしたが、なんとか全部を続けられる所まで来ました。
今日でひとまず終了となりますが、課題山積みでしたね。
先生はいつかまた出来る機会があったら(やりたい?)とおっしゃっていましたが、多分、もう2度と日の目を見ることは無いのではないかと…
しかし、とにかく、フルート吹きとしてはこの有名な曲を吹きました!!
ということで、輝かしい想い出の1ページになりました。
ご指導された先生、四苦八苦された皆さん、お疲れさまでした。。
                    ・
Photo
ところで、曲中に出て来ました「紫の薔薇」、たまたま見かけました。こんな紫でした。
もっと濃い紫をイメージしていましたが、このくらいでもピンクと比べれば充分紫色なのだそうです。
意外と初夏に似合いそうな爽やかな色でしたね。
                    ・
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
<つぶやき>                      ・
毎回の練習で何度も繰り返し注意されています「速い」ということ。
なぜ速くなってしまうと思いますか?
特定のパートが「速い性格」みたいな印象ですが、
つまりは必死になってしまって“我を忘れて暴走してしまう”ことなのではないか、と思います。
解決策は練習とあとは先生の指揮を意識すること。
みなさ〜ん、せっかくの先生の指揮、見たり意識したりしていますか?
楽譜だけに集中しないで、まわりの音を聞いたり先生の指揮を視野の隅で感じたり、いろいろ同時進行で大変ですが、そうしてピッタリ合って響き合った喜び!それこそが“アンサンブル”の醍醐味ではないでしょうか?
ですので、自分のパートではない他のパートの注意もしっかり聞いて、一人一人が曲全体を理解して作り上げてゆく必要があると思います。
                    ・
気付けば「ひまわりフルートサークル」もなんだかんだでもうすぐ15年です!
途中から入会された方はともかく、初期からの会員メンバーは10年以上もフルートを吹いています。
今年もワークショップが開講され、ひまわりからも基礎をしっかりやり直したいという方が何人も受講されています。
また、サークルの枠を越えたフルートオーケストラに参加したり、活動の幅もどんどん広がっています。
ひまわりフルートサークルに参加される方は全員同じ気持ちで同じ方向を向いて同じ目標に向かって行かれれば良いのですが、なかなかそうは行きません。
優先順位、大切にされていることは違って当たり前です。
でも、そんな中でフルートアンサンブルのサークルに参加されているということは、「みんなで奏でるアンサンブルが好き!」ということだと思います。
アンサンブルは一人では出来ないし、自分勝手に吹いていていいものでもありません。
そのことを、もう1度考えていただき、改めて「ひまわりフルートサークル」を育てていきましょう。
長文、失礼いたしました。m(_ _)m

5月15日 さよならの夏〜コクリコ坂から〜

さよならの夏〜コクリコ坂から〜

 *『さよならの夏』の歌詞は消させていただきました。(5/19)


               ・

今年のワークショップ発表会では『さよならの夏』と『あの日の川へ〜いつも何度でも』の2曲をOB合同演奏でやります。

あの日の川へ〜は昨年の演奏会でやりました。

さくらプラザのホールの美しい響きに助けられてなかなかきれいに響いた演奏でしたが、次はもっと良い演奏ができるといいですね♪

2017年5月14日(日)新役員会発足しました!

今日の練習は戸塚多目的スペースで朝イチから。

ライヒャから始まり、後半は想銀の仕上げでした。
9月のワークショップ発表会でOBの合同演奏は昨年の演奏会でやった
「あの日の川へ〜いつも何度でも」(千と千尋の神隠しより)と
新曲「さよならの夏」(コクリコ坂から)の2曲です。
「あの日の川へ〜いつも何度でも」の楽譜、探して次回からお持ちください。
                    ・
練習を早めに切り上げた後は
『平成28年度 総会』10:45〜11:45
式次第に従って粛々と報告・承認作業が進み、28年度報告・29年度計画すべて拍手で承認されました。
3年間、役員さんたちお疲れ様でした。
演奏会も開催され、大変な3年間だったと思います。
休会されたり退会された役員をフォローして他の役員さんたちが大変だったことも目の当たりにしてきました。
とにかくここまで「ひまわりフルートサークル」をまとめて引っ張って来ていただき、サークル員一同、本当に感謝しております。
                     ・
ひまわりフルートサークルも来年で創設15年になります。
前会長の最後の挨拶にもありましたが、
最初はひまわりの郷ワークショップ卒業生で集まって活動が始まりましたが、
今ではそれ以外のメンバーの方が多くなりました。
世代交代という感じでしょうか?
新役員会でも新任の役員からいろいろ普段から「?」ということがあるという意見がありました。
長年続けてきたやり方が必ずしも最善とは限りません。
もう一度見直して、新しい風を吹き込んでいくことが出来れば
活性化できるのではないか、と思います。
                    ・
今回の総会でいくつか前役員会から引き継いだ議案がありますが、
今後、なるべく皆様の意見を取り入れながら
オープンに進めてまいりたいと思っています。
会員間の情報共有の為にまた『ひまわりフルートサークル通信』を復活させたいと思います。
サークル内でのことを知らない人が居ないように、
風通しのよい運営を目指して行きたいです。
                     ・
通信にも記載しますが、
今日決まった大事なことがあります。
■新年度のお願い■
1.欠席の事前連絡について
メールで新総務O野寺さんへお願いいたします。
 (欠席連絡のメールには基本返信無しになります。返信希望の方はその旨お書きください)
2.出席簿について
以前のように練習会場入り口に出席名簿を置きますので、練習に参加された方はご自分で名簿に○をご記入ください。
予め欠席の予定がありましたらその日に×をご記入ください。
*以上2点、宜しくお願い致します。
                    ・
                    ・
午後には同じ戸塚のフォーラムで日本フルートコンヴェンションのフルートオーケストラの第1回練習がありました。
ひまわりからは何と7名も参加で、笛の仲間たちの多くのサークルから参加した沢山の仲間とともに8月まであと3回の練習で仕上げてゆきます♪
人数の多さとレベルの高さにテンションアップです!
ムソルグスキー「展覧会の絵」プロムナード・キエフの大門の2曲を初見で合わせました。
これから毎回どのように仕上がってゆくのか、とても楽しみです。
今回コンヴェンションオーケストラ(アンサンブル・ルミックスと先生によって名付けられました)に参加出来なかった方も、8月19日に会場に応援に来ていただけたら嬉しいです♡

5月3日(水)鎌倉新フルート合奏団第27回定期演奏会

Photo_2

行って来ました♪
新しい横浜市南公会堂へ鎌倉新フルート合奏団の定期演奏会。
公会堂というと、どうしても地元港南区の公会堂を思い浮かべてしまいますが、
くらべものにならないほど立派なホールでした!
市営地下鉄「阪東橋」駅下車徒歩8分。
大通りに面した角に堂々とした南区総合庁舎があり、その3・4階が公会堂です。
ただ、建物に入ってから、公会堂への案内が全く無くて、エレベーターに乗っていいのかどうか?何階に受付入り口があるのか?
かなり迷いました。。
受付では上品な微笑みのO石さんが迎えてくださいましたよ♡
Img_1591
プログラムは、全曲クラシックです!
最初から最後、アンコールまで超正統派、背筋を伸ばして聴いていました。
前半の山場『ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調第4番BWV1049』は
ヴァイオリンとフルート2本(I百川先生とS治先生)がソロで華やかに盛り上げます。
フルートアンサンブルとヴァイオリンって不思議な組み合わせだと思いましたが、
意外や意外!うまく響き合ってフルートだけとは違う広がりを感じました。
プログラムの解説では「とんでもなく難しいことをやっているのに簡単そうに見えるヴァイオリンが華やか」とありますが、いえいえ、簡単そうに見えますが、物凄かったですっっ!!
S治先生のコンサートフルートのソロも美しかった♡
ソロの女性たちのドレスも素敵♡でした。
あ、合奏団の方たちは、衣装は「黒」なのですよね。
女性はロングドレスに近い感じ。
ロングスカートに黒いブラウスもあり?かな。
プロっぽくて、楽器がキラキラ引き立って、
黒っていいですね♪
(黒は女性をきれいに見せる by魔女の○急便)
後半には楽器紹介も。
それぞれの楽器ごとに短く1曲ずつ披露しました。
音程の高さによって音色や特色がよくわかるような選曲、サスガです。
特にアルトフルートの「メリー・ウィドウ・ワルツ」が素敵でした。
「ロザムンデ間奏曲」は以前逗子FESでも演奏した曲、
私も初めてのオーシャンズで吹いたことがあります。
終演後にコンマスK地さんが『ロザムンデ〜〜♪の所は命をかけて伸ばした」とおっしゃっていましたが、
それぞれの曲に対してきっと色々思い入れやこだわりを持って演奏されたのだと思いました。
そして、 最後の「金と銀」のピアニシモの美しさと言ったら!!!
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
すべての楽器がちゃんと吹いていて音が出ているのに
美しい超ピアニシモ!!
その後のいきなりの大きくなるのが効果的で、素晴らしかったです。
こういうダイナミクスがひまわりでももっと出来るようになると
ワンランクアップできますね♪
                    ・
先生方、合奏団の皆様、今日は本当にお疲れさまでした!
そして、素晴らしい演奏をありがとうございました!
今頃は楽しく打ち上げ真っ最中でしょうか〜?
                    ・
最後に、K部さん、おつかれさまでした!
合奏団の中で巧い方たちに混じって演奏出来たことは、
きっと素晴らしい経験として今後の演奏に反映されるものと思います♪
ひまわりに戻ってきて、合奏団でのノウハウをぜひひまわりにも伝授していただきたいと思います。
お待ちしていますよ〜(*^ω^*)ノ彡
                    ・
〜追記〜
帰りに行って来ました。
横浜橋商店街。
Img_1590
何回もS治先生が差し入れしてくださったコロッケ、
私は1回も食べた事が無くって、
コロッケとメンチカツを買って帰りました♡
一緒に帰った人たちも皆さんそれぞれいろいろ買って帰りました。
帰りの電車内でちと揚げ物の匂いが…(笑)
帰宅してすぐにコロッケを家族と一緒に食しましたが
「おいしぃ〜〜〜♡」
揚げたて買って来ましたが、帰宅してもまだほのかに温かかったです。
横浜橋商店街、いろんなお店がたくさんあって、
楽しくていいなぁ〜〜。
子供の頃住んでた近くの商店街みたいで懐かしかったです。
ごちそうさまでした。コロッケまた買いに行きたいです。
今度はS治先生がお店にいらっしゃる時にぜひ!!

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »