2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 9月20日(水)新曲パート分け決まりました | トップページ | 9月24日(日)新曲スタート&見学者 »

9月21日(木)コンセールルミエール♯72演奏会

昨夜はコンセールルミエールの演奏会、ブラボーでした!

Img_1834
夜のイギリス館、門付近が真っ暗で、「ここで演奏会がある」感はゼロです。
街頭の1つくらい灯せないのでしょうか?
(写真もピントが合わなくってボケボケです)
                    ・
館内に入ってしまえば大丈夫です♬
演奏は、会場はイギリス館の小さなサロンなのに
小さく繊細な音からダイナミックな音まで美しく響いて、
しかも、5人一人ひとりの音までつぶがはっきりしていました。
(自分がここで演奏した時には響かなくって残念でしたが…)
                    ・
今回は小さな会場ということでチケットも予約制、当日には全席埋まったそうですが、当日「どうしても行きたい!」とS治先生に連絡をとったN田さん、キャンセルがあって良かったですね♬
ゲストのアレーナ・ルゴフキナの音は、意外に太くてしっかりしていて“艶”がある感じです。華やかですが、デニスブリアコフとはちょっと違うタイプ。
高音の美しい伸び!低音のフルートとは思えない重厚感のある響き!音が変幻自在で1本の楽器とは思えないくらい!
超絶技巧もすごかったですが、何より、やっぱりフルートの一番の魅力は「音」だと再認識させられました。
アレーナの主張のある音をルミエールの優しい響きがうまく包んで支えていた感じ。「おぉ〜!」ってうなりました。
そして、今回は特にバスフルートを大注目!
アンサンブルの中でどうやって全体を支え、美しく響かせているのか?
吹き方、吹く姿勢など、全てが美しいお手本でした!
指が自由に動く為に、やっぱり支持棒必要かも?
                    ・
夢中で聴いていた今回の演奏会もあっという間に終わってしまい、
アンコール2曲めは「イギリス館ですから」ということで
エルガー(イギリス人)の「愛の挨拶」
先日の真夏のアンサンブル会でN田さんがルミエールメンバーと演奏しましたが、その時の楽譜とはアレンジが違ったそうで、でも、アレーナの気持ちのこもった愛にあふれたプレゼントでした。ものすごい迫力!強い愛?
Img_1835
演奏会終了後、みなさん散ってしまってご一緒の所撮れず(涙)
今日の女性のドレスはみなさん淡い色で、会場に合っていてとても素敵でした♡いいなぁ〜〜♡
アレーナはチラシの写真よりずっと可愛くて可憐な印象♡でも、人妻だそうです〜。
Img_1838
ところで、今回のプログラムの表紙の肖像画はいったい誰?
と思って多分この人かな?と検索したら1回でビンゴ!
フォーレでした♬
パヴァーヌも良かったですが、ピアノの連弾の為に書かれた組曲ドリー、多分初めて聴きましたが良かったです!
フォーレ、今後注目ですね!
                    ・
以上、私個人の感想・印象ですので、
他に聴かれた方で「私はこう思った」方はぜひコメントでお聞かせくださいね♬
(0゜・∀・)ワクワクテカテカ

« 9月20日(水)新曲パート分け決まりました | トップページ | 9月24日(日)新曲スタート&見学者 »

コメント

ご来場いただきありがとうございました。イギリス館での演奏は独特の響きで、お客様も近くてなかなか緊張します。息遣いがすぐ伝わるというのはドキドキです。

★S治先生★

本当に!
いつもは遠くの舞台の上で演奏されていらっしゃるのを
ホールの響きとして聴くアンサンブルを
イギリス館では目の前でストレートに聴く事ができました!
なかなかこんな機会はありませんので、
聴く私たちもドキドキでした♡
また、皆様のドレスが素敵で、
イギリス館という古風な会場に微妙な色合いが美しかったです
そちらもドキドキ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月21日(木)コンセールルミエール♯72演奏会:

« 9月20日(水)新曲パート分け決まりました | トップページ | 9月24日(日)新曲スタート&見学者 »