2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

3月16日(土)遅ればせながら練習報告

桜の開花も秒読みの暖かさです。
■練習報告■
『Flotentrio』ベートーヴェン
・1楽章全体通して10分くらいかかりました。
・急ぎやすいので落ち着いて。8分音符で下りてくる音形で突っ込んでしまう。
・16分音符では心拍数が上がって抜けてしまう。圧力落ちないように一つ一つの音を出して。(指は動いているのに音がなくなってしまっている)
・追われている感じがする。
・10・11小節 デミュニエンドの終わりの処理は響きを残して。ピシッと止めない。
・13小節〜 1パート sfの後抜けないように。
・17小節〜 2パート 音が重くならないように。柔らかく。
・39小節〜 2・3パート同じ動き 急がない 40でピアノに 41突っ込まない
・49小節 1パートフレーズの山で音が薄くならないように。
・53小節 2パート 高い「ミ」sfだけど痛いのでやりすぎない。
・83小節 1・3パート 上がる音形は最初の「ラ」から全部スラーで。
・84小節〜 3パート スタッカート軽く。
・90小節 2パート 「ラ」から「ド」が遅い。ラを伸ばし過ぎない。残っている人がいる。
・126小節 2パート シンコペーションのリズムから遅れてしまう。ブレスは131小節2分音符の前で。
・133小節 上がる音形 アーティキュレーション全てスラーで。16分音符から8分音符は優しくやりとりする感じで。
・143小節 2パート 譜面めくった後、気を抜かずに入ってくるように。
・187小節〜 スタッカート8分音符流れるように。
・203小節 8分音符スタッカートすべらない。
・218小節〜 音階すべらないように。くちびるを締めてしまって上の音が細い。霞んでしまって頂上が見えない。
・225小節 流れが焦った感じになってしまう。
・243小節 3パートスタッカート気味に。
・252・253小節 デミニュエンドで音程下がらないように。特に2パート「シーラ」・3パート「ドーシ」
◎細かい動きは「A-dur(♯3つ)」と「D-dur(♯2つ)」の音階を普段からやっておくと良い。
<2楽章について>
・2小節目 2パート 8分休符を3パートと同じリズムになるように「シ」の後に足す。
・16分音符速くない。
・32分音符も出てくる。一瞬だけ速い。
・ターンは今のところ無し。(ゆくゆくはやる)トリルは入れる。1パートのターンの入れ方・吹き方は同じパートの方に聞いてください。
 『花』滝廉太郎
・4パート G1小節前 「ファミレ」を「ファミレ」に変えて。
・3パート リズムの形出して。 リズムを主張して。
・J 2小節目 1・2パート 16分音符抜けないように。8分音符は跳ねて。 
・1・2パート Kの前の小節 4拍め 「レドシド」のドはナチュラル。
・1パート K出だしの「シーシ」ではなく「レーレ」に変える。
・3パート Kの吹き方は 全ての音16分音符で2つずつ入れる。
                    ・
↓こちらの「花」は「笛の仲間たちコンサート2017」の全体合奏時のW辺先生編曲ヴァージョンです。
お客様も一緒に歌ってくださっています。


3月16日(土)南太田の桜はまだ

南太田フォーラムの音楽室の窓から桜の木が見えますが、毎年、なかなか満開の時にうまく合いません。

今年もまだ。

Img_1618

もう1枚は帰りに前の公園から。

Img_1619

練習報告が遅れて申し訳ありません。今日はまず事務報告から。

■事務報告■

①6月の練習日程3回目

6月30日(日)南太田フォーラム

よろしくお願いします。

②おさらい会について

・「おさらい会のご案内」プリントが実行委員さんより配られました。

・当日の会場はいつもの多目的スペースの上の階4階です。

・集合時間は、各自リハーサル時間に合わせて来てください。

・会食(14:00)までにお腹が空いてしまう方は途中でちょこちょこ食べてください。

・譜面台は持参不要です。(譜面台サービスキャンペーン期間)

*参加される方、ソロやデュオ、少人数のアンサンブルなど、バラエティに富んだ組み合わせでの演奏、楽しんでくださいね🎶

③ソロ発表会お疲れさまでした。

コンセールルミエールブログに集合写真が載っていました。

最高のピアノで最高のピアニストに伴奏していただいての演奏はいかがでしたか?

大人数でのアンサンブルと違って、逃げも隠れもできないソロ演奏、皆さんの演奏を聴いてみたかったです💕

お疲れさまでした!

                    ・

■練習報告■

明日以降アップさせていただきます。

6月練習日程2回目

6月の練習日程2回目が予約できました。

6月9日(日)戸塚多目的スペース(大)
よろしくお願いします。

3月10日(日)鎌倉新フルート合奏団定期演奏会

合奏団の皆さま、今日は演奏会お疲れさまでした!

Img_1572

私は今、花粉症がひどく、目も鼻も全滅な今日この頃ですが、今日は絶対に行かねば!と、張り切って聴きに行って来ました。

小さい音がキレイに合っている、速いパッセージも合っている、無理のない優しい音、冷静なアンサンブル…みなプログラムに書き込んだ感想です。

特にフィンジのロマンスはオーケストラのような響き!抑えた音が次第に盛り上がってゆくのを想像させる期待感に満ちた演奏でした。確かに色々な楽器の音色が聴こえました。

ヴァイオリンの「あげひばり」は、中国っぽいメロディライン?バックでずっとロングトーンしているフルートも凄かったです!一番大きなコンバスを吹いていらっしゃるA藤さんが小さいけどやっぱり似たような形のトライアングルを鳴らして、その小さな音が効果的に響いて、まるで朝を告げる「はげ山の一夜」みたいでした。

こちらはキムヨナによる「あげひばり」。夜明けに舞い上がるヒバリのように初々しいです。

後半の楽器紹介も1フレーズとかではなく、しっかり1曲吹いていただき、それぞれの大きさの楽器の音色がとてもよく比べられて良かったです!最後の曲の「セレナーデ」にかけて、各楽器で色々なセレナーデを演奏したのも楽しい企画でした。私は個人的にはアルトさん3人の柔らかい音色に惹かれました💕

もちろんバス軍団の重厚な、それでいて繊細な美しい響きも大好きです!ただ低いだけではなく、しっかりとした音程で美しく吹くことが大切なんだと改めて勉強になりました。

今日のプログラムは、本格的なクラシックばかりで美しい響きだっただけに、花粉症の薬を飲んで来た私にとって眠気との戦いでした。でも、途中でくしゃみが出なくて良かったです。

合奏団の方達の衣装は、黒の上下。まさにオーケストラみたいです。

女性はほとんどがロングスカート、男性もジャケット着用です。揃っていてとても美しいです。年に一回の特別な定期演奏会、という感じで気合いを感じます。

今日は本当に素晴らしい演奏を聴かせていただきありがとうございました。

合奏団の響きを目標に、私たちも少しずつ近づいて行かれるように頑張りましょう♪

ひまわりの仲間も何人も聴きに来ていたのを見かけました。素晴らしい演奏を聴いて、見たことも、またいつかのひまわりの演奏会への参考に心に残しておきましょう。

*追記*

今日も受付をされていたO石さん、お疲れさまでした!すっかり受付のプロですね

3月9日(土)春一番

4月上旬のあたたかさ(暑さ?)でしたが、午後から強風になりました。

家が軋むほどの強い風。
夜のニュースでは「春一番」だったそうです。
                    ・
飾ってある百合が一気に咲き始め、夕方の日差しと影の具合がなかなか綺麗に見えましたので、写真に残しました。
Img_1565
時々、香りが漂ってきて、アロマな感じです♪

3月8日(金)今日は何の日?

実は今日はウチの猫「うずら」ちゃんの日であります。

Img_1556
○ェリシモのまいにちにゃんこ(日めくりカレンダー)に登場しています
こう見えて15歳のおばあちゃん猫。
あと5年生きたら猫叉になれる予定。
ちなみにウチの猫たち(他の子は他界)はみんな過去登場しました。
応募して採用される写真は、きっと、ただ可愛いだけではなくプラスアルファのあるものだと確信して、また来年も登場できるよう頑張ります!

3月2日(土)春だから「花」

今日はお休みさせていただきましたので、I田会長より練習報告をいただきました。

ありがとうございます。
                    ・
「今日は戸塚多目的スペース(大)で15名参加でした。
練習はベートーヴェンがメイン、少し新譜。
新譜:花 滝廉太郎作曲、前田憲男編曲
同じ題名の曲を2015年にもやっているようですが、同じ編曲家どうか先生も含めて誰も覚えていません。
今回のパート分けは先生が全くアットランダムにされています。
時節柄、練習は4月上旬までの予定です。」
                    ・
前田憲男さん編曲の「花」は確かにH27年(4年前)にやっています。2月22日に配られて3月中心に練習しました。
先日の笛の仲間でボンコラージュさんが吹いたのと同じです。
下の動画では6:55〜「花」です。
素晴らしい響きの演奏、素敵です。
前田憲男さんはジャズピアニスト、作・編曲家で2018年11月28日83歳で死去なさいました。
何をもって「ジャズ」と呼ぶか?の問いに
「レコード屋に行けばいい。ジャズの棚に並んでいればそれはジャズだ。
ジャンルなんてその程度のもので、気にする必要もないし、絶対に社会問題にならない。自分が好きなものを好きなように聴けばいい。」
かわさきジャズアカデミー「前田憲男、音楽の疑問にすべて答える80分」2017年10月27日より
                    ・
確か、私たちは前田憲男さん編曲の「宵待草」をやっていますが、「虫の声」も前田さん編曲でしたっけ??

3月1日(金)6月練習日程1回目

3月になりました。

今年は花粉が例年の3倍とか?
年々花粉が増えていませんか?
花粉症の方はどうかお大事に!
                    ・
6月の練習日程1回目の予約ができました。
6月1日(土)戸塚多目的スペース(大)
間違えないようによろしくお願いいたします。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »